[Edit]

フィンエアー機内食 ☆ ヘルシンキ - 関空編

実家が岡山なもので、帰省は関空着が便利。
以前まだ息子達が小さい時、フィンエアーの直行便は成田しかなく、息子2人つれてヨーロッパの都市経由で帰省してた頃は大変でした。今はフィンエアーの直行便が成田、名古屋、関空とあるので便利になりました。
さらにJALも成田-ヘルシンキ直行便飛んでます。

今回ヘルシンキ-ヴァンター空港へいくと出発ロビーにGo Sleepなるこんなものが。。。

Helsinki Vantaa airport

仮眠ができるのかな。寝転がってる方がいました。

こちらは寿司とヌードルレストラン!

Helsinki Vantaa Airport Sushi Noodle

携帯のバッテリーチャージ場所。

Helsinki Vantaa Airport

さぁ出発。JALと提携してるようですが、乗ったのはフィンエアー。

Helsinki Vantaa Airport

以前はまずドリンクとナッツかなにかおつまみが出た記憶があったけど、ヘルシンキ-大阪便はドリンクがでたあとすぐ夕食の機内食。今回はミートボールかポークカレーと肉しかなかった。うへぇ~。

もう随分昔はあらかじめシーフードを予約することができ、予約してたら帰りの日本からの便の一般にえびてんのある天丼みたいなのがでたことがあり、予約してたシーフードより随分よくてショック~・・・ってことがあったので、日本便は他の指定をするのをやめたのであります。いつの頃かシーフード指定はできなくなりお肉なしだとベジタリアン指定になり、1度ヨーロッパ便でベジタリアン指定したらめちゃ甘いスイート&サワーソースがかかったものがでて、甘すぎて気分悪くなったことがあるので、最近は指定はしてなくても日本便ではたいてい肉と魚が選べたのになぁ。

しかたない。カレーならお肉はそうごろごろ入ってないかな・・・とポークカレーに。
と・・・ところが・・・

Finnair 機内食

ポークそぼろみたいな肉がごはんの上半分にどばーとかかっていたのであります。 かすかーにカレーの味はしたけど、はたしてこれがカレーなのか?って思ってしまったほどかなり微妙なカレーでした。
定番のそばはおいしいので、もういっそのことそばメインでよかったのになぁ。

紙ナプキンと膝にかけるブランケットはおそろいのマリメッコ
紙コップもマリメッコです。

今回はデザートにムーミンのイチゴフレーバーチョコがついてました。
Finnair 機内食

9時間半ほどのフライトですが、ヘルシンキ発の場合は途中夜にはいるので、次は到着2時間ほど前に朝食がでます。

今回はほうれん草とトマトソース付のオムレツとポテト。

Finnair 機内食

これはまぁまぁ。でも朝食にポテトはちょっとヘビーでした。

飛行機の中ではフィンランドで発売されたばかりのアダム・ランバートの新譜『The Original High』をきいてました。

息子達は6月夏休みに入ったらすぐ日本に行きたかったんですが、アダムの新譜のフィンランドの発売が6月12日だったので、長時間フライトで聴きたくて出発は発売日の後にしたのであります。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR