[Edit]

Hyvää Juhannusta ☆ 今年も夏至祭がやってきた

明日は夏至祭(Juhannus/ユハンヌス)です。

今年は全国的に寒い夏至祭になっています。

町内では夏至祭の前日イブにマーケット市場が開かれます。
というか普段から金曜日の午前中に開かれてて、夏至祭は移動祝日で土曜なので
前日の金曜がイヴとなります。

ひさびさにマーケット市場にでかけてみました。
ちょうどいった時には晴れてました。帰ったあとで雨がざーーーときて今は曇ってます。

夏至祭前のマーケット市場は毎年にぎわってまっすぐ歩けないぐらいの人出。

Juhannustori

今まで見たことないフレンチ風クレープのカフェがきてました。

Juhannustori Ranskalainenlettu

クレープの上にシンプルに砂糖だけとかジャムだけなら5ユーロ(約695円)だけどいろいろのせると7ユーロ(約970円)だった。

いちごやベリーの屋台売り場。

Juhannustori

いちご。フィンランドの旗のマークがあれば国産。
この小さいケース一つ4ユーロ(約555円)。

Juhannustori

もうアンズ茸もでてました。
その向こうに見えるのがグリーンピース。フィンランド人は夏は生で食べます。
ちょっと生臭い。私はアレルギーあるのか食べると喉が痒くなるので食べれません。
その向こうには新じゃが。ただ鮮度が違うんでしょうがスーパーで買うよりかなり割高。

Juhannustori

チェリーを買ったんですが、1リットル5ユーロ(約695円)。
ドイツ系スーパーで買ったらもっと安くてそっちの方が美味しかった。
でも夏至祭イブはどこも12時で閉まってしまうので、マーケット市場にいって場所が離れてるスーパーにも行く時間がなかった。
前日スーパーで買おうと思ったら売り切れだったので今日もあったかどうかはわからないしまぁいいか。

夏至祭というとコテージのあるフィンランド人はコテージにいってのんびり過ごすようです。
実は家にもおじさんが残してくれたコテージが川沿いの林の中にあるんですが、水道がありません。
電気は一応ついてたけど使わないから契約切れてるはず。
コテージはたいてい辺鄙な場所にあることが多いため、水道や電気がないコテージも普通です。
トイレは外に小屋があり昔ながらのぽっちゃん。
そこに行くと原始的な生活を強いられ、行くのが億劫でそれでも昔はこれがこっちの習慣なんだからと無理してでもいってたけど、最近はなぜに無理してまで不便な生活しに行かなきゃならないんだと思い始めいってません。
しかも川沿いの林の中なので蚊がわんさか!
どっちみち車の免許もないし運転手がいないと無理。

辺鄙な場所のコテージ生活はアウトドア好きな人なら楽しめるかもしれないですが、
普段からアウトドア苦手な人にはあまり長いしたくない場所かもしれません。
もちろん、水道と電気が通った立派なコテージなら話は別蚊と思いますが。

というわけでうちは今年も特に予定なし。

今日金曜の12時から日曜の12時までどこも閉まってしまうので家でのんびり過ごそうかな~。
ちょうどクィーン&アダム・ランバートの北米ツアー初日シカゴの映像がいっぱい上がってきてるのでちょうどいいかも。

では皆さん、Hyvää Juhannusta!よい夏至祭を!

Pyhäjärvi
 (昨日TV番組の撮影があった町内の湖です。)

夏至祭が終われば夏は半分終わった感じで今度は日がすこしづつ短くなって秋に向かいます。
フィンランドの秋はとにかく暗くて・・・
それ考えると憂鬱になるのでまだ考えるのはやめておこう。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR