[Edit]

フィンランドのクリスマスクッキー ☆

フィンランドのクリスマスにつき物なのがスパイスの香りいっぱいのクリスマスクッキー。

フィンランドに来た当初生地から挑戦してみようとしたところ、スパイスのクローブの袋を開けたとたん咳き込んで気持ち悪くなったので生地から作ったのはそれ1回だけ。笑
こっちにきてから環境の変化からかいろんなアレルギーがでてしまい、もしかしたらクローブは自分にはあわないのかもしれないなぁ~と思ったり。

実際にスパイスがきつすぎて個人的にはあまり好きではないんですが、クリスマスにはつきものなのでこのシーズンには買ったり、解凍して使う冷凍生地を利用したりしてます。

今年は冷凍生地をのばし型を抜いて焼いてみました。

Joulupipari 2012

こんな形も。

Joulupipari 2012

この時期にこのクッキー子供たちは大好きなようで、クリスマスまでもちそうにありません。笑
もう1回焼かないといけないかなぁ・・・。

日本で作ってみたいという方にレシピはこちら。

1 dl siirappia シロップ 
1 tl kanelia シナモン
0,5 tl maustepippuria ピメンタセイヨウ(オールスパイス)
0,5 tl neilikkaa グローブ
1 tl inkivääriä ジンジャー
1 tl pomeranssinkuorta ビターオレンジの皮
200 g voita tai margariinia ばたーまたは マーガリン
2 dl sokeria 砂糖
1 個 kananmuna 卵
1 dl kermaa 生クリーム
2 tl soodaa 重曹
500 g vehnäjauhoja (約 7 1/2 dl) 小麦粉
(注:dl-デシリットル tl ティースプーン)

作り方:

1. シロップとスパイスを沸騰させる。

2. 室温にしたバターかマーガリンに砂糖を入れて白っぽくなるまであわ立てる。

3. 2に1を加える。卵をかるくほぐし加える。次に生クリームを加える。重曹を加えた小麦粉の一部を加える。さらに残りの小麦粉を加える。

4. この生地を冷蔵庫にいれ翌日までおく。

5. 生地を小麦粉をふりまいた台の上でのばし型をぬく。

6. オーブンで同じぐらいのサイズのものを175~200度でこんがり茶色になるまで焼く。(大きさや厚みにもより約5~8分ぐらい)

7. 出来上がり。

このレシピはこちらを参照にしました。

試してみようってかたはぜひ挑戦してみてください。

クリスマスシーズンにつき物にGlögi(グロッギ)というこちらもスパイスたっぷりの飲み物があります。

こちらはお手ごろな市販のグロッギ。

Glögi

暖めて今回のにははいってないですが、アーモンドスライスやレーズンなど入れて飲みます。

Joulupipari

スパイスたっぷりなせいか最初は苦手でしたが、不思議なもので今ではなれてきて飲めるようになりました。
寒い日にはこれ体が温まります。

カフェやバーのメニューにもはいってたりもするので、このシーズンフィンランドに来ることがあったらお試しください。
ちなみにバーのグロッギにはアルコール入りのものもあります。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

私は、ジンジャークッキーが大好き。子供の頃に食べた味が忘れられないんだけど、なかなかその味が見つからない。
  • 2012-12-19│21:49 |
  • May URL│
  • [edit]
>Mayへ
ジンジャークッキーなつかしいなぁ~。
岡山の最稲荷なりだったかの近くで確か売ってて、昔お年始に行った人からお土産によくもらってた記憶が。
昔の味といっしょのが見つかるといいね。
  • 2012-12-19│23:22 |
  • Hiro♪ URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR