[Edit]

オウルの滑走路がツルツルのためヘルシンキを飛び立ったフィンエアーとノルウェージャン・エアシャトル引き返す

  • 2018-01-25│
Nagoya Helsinki Finnair 名古屋 ヘルシン-ヴァンター空港 フィンエアー マリメッコ
(写真は以前撮ったフィンエアー機です。)

昨日けっこう1日吹雪いて雪がまた積もりましたが、夜の間に気温が上がり夜中雨がふるというおそろしいことが、、、
雨が降って積もってた雪が全部溶ければいいのですが、新しく降った雪の下には氷化した雪もあり、少々気温が上がって雨が降ってもすぐに全部は溶けないのですよね。
溶けなかった雪の表面が雨でツルツルになり恐ろしい状態になるのであります。

今日のニュースをみると、、、



ヘルシンキ・ヴァンター空港を飛び立ったフィンランド北部の町オウル行のフィンエアー機とノルウェージャン・エアシャトル機が、オウルの空港の滑走路があまりにもツルツルなため着陸できず、上空を少し旋回したものの、そのままヘルシンキに戻ったそうであります。
乗客は次に飛ぶオウル行の飛行機に乗れるそうでありますが、せっかく上空まで行ったのにくやしいですね。
とはいえ安全第一でしょうがない。

そしてこちらのニュースフィンランド北部のKemiの道路があまりにもツルツルでトラックが走行できなく、少なくても15台ほどが停車中だそうです。

以前紹介したこの道路でスケート!スイスイス―ーーーーーイ!」の映像状態かもしれませんね。
日本でも普段あまり降らない地域で大雪だったりしたようで、皆さんお気を付けください。

ところでフィンランド語でこのツルツルな状態を「Pääkallokeli 」(ぱーかっろけり)といいます。
「Pääkallo」(ぱーかっろ)は頭蓋骨のこと。「Keli」はこの場合道路のコンディションのことで、頭蓋骨の状態!
なぜこう呼ぶのか、以前職場の人にきいてみましたが、ただそう呼ぶだけで、なぜ頭蓋骨なのかはわからないということでした。

今気温はプラスのはずですが、週末にかけて氷点下にまた下がる予報で、この状態で凍り付くと恐ろしいので、全部溶けるか(きっと無理でしょう)、この溶けかけの表面に新しい雪が降ってくっつくかしてほしいです。

将来歳とって、よろよろ歩きになったりしたら、車の免許ないし、スーパーにタクシーで行くのも高くつくし、冬場いったいどうやって買い物いったらいいんだとか、ちょっと不安になったりもします。
まぁ、今から心配してもしょうがないんだけどねぇ。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR