[Edit]

チケットゲットパニック!

QAL Helsinki Hartwall Areena

さて、Queen + Adam Lambertのヘルシンキ公演が発表になったことはお知らせしましたが、そうなるとチケットをゲットしなくてはなりません。これ、公演が発表になるとすぐチケット発売になっちゃうんですよね。
最初にヨーロッパツアーが発表されたとき、ヘルシンキはなかったので、やっぱり北欧まで来ないかぁ・・・。どこかに観に行くならすぐに決めなきゃなりません。
どうしようか、、、どうしようか、、、、うーーーーん、どうしよう、、、、と思っていたら翌日まさかのヘルシンキ公演とストックホルム公演が発表になり、どこに行くか悩む必要はなくなりました。ほっ。

発表の翌日早々とクィーンとアダムのファンクラブ先行予約がスタート。
アダムのファンクラブには入会していたものの、年会費が10ドルいり、もう期限が切れてました。
でもこれ、クィーンのメールニュースが届く手続きをしていれば、その届いたクィーンからのニュースの中に先行予約に飛べるリンクが貼り付けられているので、それをクリックすれば各会場の先行予約ページを開くことができます。

まずはヘルシンキ公演、いつもならフロアはスタンディングなので、チケットがゲットさえできればあとは当日の頑張り具合で、前がとれるのですが、今回はまさかの全席指定!
しかも前日に席は自分で選べないんじゃないかといううわさが飛び込んできました。

さて先行予約当日、肩のリハビリがその直前にあり、始まりが少し待たされて遅れて始まり、先行予約開始前ぎりぎりに家に帰り着いたのでありますが、旦那がFacebookのゲームをパソコンでしてて、すぐにかわってもらえなかったのであります。
まぁでも席自分で選べないなら早くても遅くてもそんなにかわらないかぁ・・・と思いつつ、販売開始を数分過ぎてから、先行予約ページを開けることができました。
するとなんと、ぎゃー席自分で選べるじゃないですか。
ぎゃー、ぎゃー、ぎゃー!!!数分出遅れじゃないですか。慌てて、選べる席の中で前のほうを選び「買う」をクリックすると、この席は予約できませんと出るではありませんか。
きっと席をクリックして、「買う」をクリックするまでのほんのちょっとの間に先を越されたんじゃないかと。
同じことを何度か繰り返してると、買うに進めるチケットがあった!
しかし次のページに進むと席情報が表示されない。
でも、もう一度確かめにもどるとその間にその席予約されちゃうかもしれない。
なのでとりあえず買うに進めたチケットの席の場所がはっきりわからないまま購入、、、自分でプリントアウトのチケットを購入したので、それをプリントアウトするためチケットを表示したら列と番号がわかりました。
購入が終わってから元の先行予約ページに戻ると、取れた席より前の席が空いてる、、、
ぎゃー急ぐべきじゃなかったなぁとちょっとショックでありました。
まぁでもとりあえずゲットはできたので、ヘルシンキ公演にはいける!

でもやっぱり取れた場所がちょっといまいち、、、。
先行予約でVIPがなかったようなので、問い合わせてみたら、一般発売でVIPが出るとのことでした。
先行VIPもあるとのことで、購入したければ購入枚数と個人情報を書いて問い合わせてくださいとメールアドレスが書かれてました。
プロモーターのクラブ会員向けにVIPの先行予約がある情報を聞いてたので、会員になってないと買えないのか?と聞いたら会員は関係ないとのこと。フロア席のVIPもあり、お値段249ユーロ。通常価格が110ユーロだったので倍以上。
ただ会員の年会費を同時に支払う必要があるのかどうかがはっきりしない。

VIPの特典になぜかよくあるのが食事つき。他に専用入り口に専用クローク。そして入場の際にレッドカーペットで写真撮影もできるとのこと。ライブ前はワクワクと落ち着かずゆっくり食事する気にはならないし、いつも思うのはどうでもよいような特権ばかり。
そしてVIPを買った後になって、後日アーティスト側のVIPにアップグレードできる場合もあったり、、、。
この場合たいていアーティスト側のVIPのほうが内容がいいのであります。
スタンディングならアーリーエントリーがあれば魅力なのでありますが、
指定席の場合は一番肝心なのはやっぱり席!
一般発売の中にVIPでなくてもいい席は含まれてる可能性も十分にあり、はぁ悩むところ。

今回はスウェーデンのストックホルム公演もあるので、もし行くならと、とりあえずストックホルムのホテルは予約しておきました。
先行予約がヘルシンキと同じ日で、とりあえずヘルシンキ公演ンを予約したあとストックホルムのチケットサイトをみてみました。
すると当然ながらスウェーデン語でさっぱりわからない。
サイトを英語にもできたので、英語にしてみたけど、肝心のチケット情報はスウェーデン語のまま。
というわけでGoogle翻訳で、翻訳しながら、チケットの種類を選んでみたら、可能な最良の席をサイトが勝手に選び出して出てくるシステムで、グランドフロアの可能な最良の席には列と場所の番号いり。
収容人数6万5千人のスタジアムで、これまたスタンディングなしの全席指定だったのであります。
なのに会場の座席表もマップもなし。
というわけで、この日は挫折。

とりあえずプロモーターに問い合わせ。あまりにもたくさん質問したので、チケット販売会社に問い合わせてくれといわれ、チケット販売会社に問い合わせて、だいたいの概要はわかりました。
全席指定。一般発売時に会場マップが出るかどうかはわからない。この公演にはVIPチケットは販売されない、、、などなど。

先行販売でグランドフロアは4つのエリアに分かれてて、中央前後と左右。
左右のチケットは若干安い。
ここはあせらないほうがいいかと思い、時間をおいて、選ばれて出てくるチケットの番号をチェックしてみたのであります。
時間がたつにつれ列はだんだん後ろになってきます。
席番号は左はたいてい1 ‐ 19あたりの番号。
右は201 ‐ 220 あたりの番号。
ということから考えると横の番号は220あり、中央エリアは20 ∸ 200。
ステージの中央あたりに位置する番号は160ぐらいかな。
ヘルシンキ公演は座席表があるので、それを参考にすると、キャットウォークの長さは20席分ぐらい。
キャットウォークの横幅は14席分ぐらい。
もちろん、会場の大きさが違うので、会場によって違ってはくると思いますが、参考までに。

先行販売では中央前エリアがすでに購入できなくなってるので予覚完売かと思われます。一部が一般発売用に確保されていればそれを狙うしかありません。ただ、横幅がかなり広いようなので端っこになる可能性も十分あり。
でもキャンセルして他を試してみてる間に予約完売になる可能性は大!

もしヘルシンキとストックホルム公演に来ようと予定されてる方がいたら参考までにつづってみました。

それにしても、あーもうドキドキであります。
この一般販売の日、仕事の日と重なったので変更してもらえないかまず聞いてみないと。

ヘルシンキ公演が決まった喜びの後はこのチケットゲットパニックで落ち着けない日々。笑

これは今年のUK & ヨーロッパツアーに向けてのQueen + Adam Lambert のインタビューです。



この週末はライブ2連ちゃんで、それもかなりこたえてもうばてばて。ついに疲れるとよく発症する唇ヘルペスがでてしまいました。とほほ。
でもいつもは暗くて逃げ出したい11月に明かりが灯った!
楽しみがあるっていいことですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR