[Edit]

この瓶詰、、、もしかしてなめこ???

先日行く機会のあった大型スーパーで目に付いたものですが、これ、、、

スーパー フィンランド 瓶詰めきのこ ロシア産

右はシイタケですが、左のがなめたけに見える!
商品名がKoivunkantosieni(コイヴンカントシエニ)でその名称から白樺の幹に生えるきのこなのかなぁ。
ウキペディアによるとモエギタケ科センボンイチメガサ属センボンイチメガサ(Kuehneromyces mutabilis 千本市女笠)という食用キノコらしい。
「春から秋にかけ、スギ、マツなどの倒木や枯れ木に群生する。基本的に黄褐色であるが、個体によっては茶褐色になることもある。
湿っている時はぬめりがあり、ひだは密生〜直生、高さは3〜6cmほど。」

ただ「外観が類似するコレラタケと間違われやすいことで有名である。」とのことで、このコレラタケというのを調べてみた。
すると、、、
「コレラタケ(虎列剌茸、学名 Galerina fasciculata)は、フウセンタケ科ケコガサタケ属のキノコ。本郷次雄により発見された当初の和名はドクアジロガサ(毒網代傘)であったが、細菌性感染症のコレラに似た症状を呈し、致命的な毒性を持つことから、社会に対して毒キノコとしての注意を喚起するため、このように改名された。」
そうだ。

これ原産国がロシア、、、
ロシアだからってわけじゃないですが、間違ってこのコレラタケがはいってないか?とか心配にもなってしまう。

さらに
「センボンイチメガサとは良く似ており、他にもクリタケ、ナラタケ、エノキタケ、ナメコなどと間違えた中毒例がある。」
とのこと。

というわけで、写真の瓶詰のキノコはナメコではなかったようです。

もしやそうかな?と思って買ってみたら全く別物だったことは珍しくないので買いませんでしたが。

そういえば以前アジアンショップで、ラーメンなどに入れるメンマがある!と買って帰りラーメンにいれようと開けてみたところ、ものすごく塩辛い漬物であることが判明。
メンマじゃなかったその時の脱力感、、、
たかがメンマかよ、、、と思われるかもしれないですが、そのたかが、、、が手に入らないのであります。
あぁ、笹かまぼこ食べたいと思ってもこっちに住んでたら夢の夢です。。。魚肉製品なさすぎです
そしてその漬物あまりにも塩辛すぎて食べれませんでしょた。ちゃんちゃん、、、

こちらに長く滞在すればするほど、日本の味が恋しくなってしまうのですが、特に田舎にすんでるとなかなか簡単にはお目にかかれません。やっぱり食べたきゃ手に入る材料を工夫して自分ではじめっから作る!が基本になってしまいます。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR