[Edit]

ローチョコレートなるものがあった!

これは昨年ドイツ系スーパーLidlで見かけたチョコ。

ローチョコレート Raw Chokolate フィンランド Lidl

このチョコのメーカーのサイトをみるとどうやらこれは季節限定品みたいであります。

フィンランド Lidl ローチョコレート

板チョコ左から、アップル&キャラメルアーモンド、ブルーベリーとリンゴンベリー(こけもも)、オレンジとシーズンスパイス(シナモン、クローブ、ジンジャー)。

フィンランド Lidl ローチョコレート

チョコレートバーのほうはアーモンド&ファッジとブラックカラント(黒スグリ)。

ベリーのがおいしそうに見えるんですが、お値段が高い。
板チョコのほうが80gで3,49ユーロ。(約430円)
チョコバーは45gで1,99ユーロ。(約245円)

このローチョコレートってどんなものなんだろう?と調べたらこちらのページによると、
ローチョコレートとは、ローフードで望ましいとされる材料と製法で作られたチョコレートのことです。直訳すると「生チョコレート」ですが、通常のチョコレート生地に生クリームなどを練り込み、柔らかい食感を出したいわゆる「生チョコ」とは異なります。
通常のチョコレートは、カカオの種子を発酵させ、焙煎した「カカオマス」を主原料とし、これに砂糖、カカオバター、粉乳などを混ぜて練り固めて作られますが、ローチョコレートには砂糖、粉乳は使いません。
また、焙煎したカカオも使いません。ローカカオパウダーとカカオバターを使い、砂糖の代わりにアガベネクターなど天然の甘味料を用いるのが一般的なローチョコレートのレシピです。」
とのこと。作り方も書かれてるので、作ってみたい方は上記リンク先を参照にしてください。

このチョコ、お値段がちょっと高いからかなかなか売れてません。
そのうち賞味期限が近くなったらお値段下がるかな?
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR