[Edit]

医者に行ってきた。。。

四十肩、五十肩の痛みが夜ひどく、ぐっすり寝れないので先月定期的な糖尿病検診に行った時、町の健康センターの医者の予約をいれてもらい先週医者にいってきました。

でもやっぱり決定的な治療法というのはないみたいで、炎症を抑える飲み薬と塗り薬、夜中の痛みを和らげるための鎮痛剤を処方してもらえました。

フィンランド 薬

しめて49.10ユーロ(約6千円)なり。

夏にひどく痛くなった時は別の医者で、イライラした感じの医者で、加えて指の変形性関節症の症状をいっても、1回に一つだけとそれについては特にきいてもらえず、家にある痛み止めは?と聞かれてBuranaがあることを伝えたら、それを飲むように言われ手持ちがあったせいか特に薬の処方もなかったのであります。
Buranaについてはこちら「フィンランドの万能薬?:D」を。

今回は年配の女医の方で、丁寧に聞いてもらえました。前回Burana飲んだけど効かなかったと言ったら、あ、それは効かないといわれた。
今回処方された鎮痛剤、最初の2回ぐらいはちょっと効いた感じもしたけど、だんだん効かなくなってきた。
ということで、朝方肩が痛くてどうしても目が覚めてしまいます。

フィジオセラピーを予約するよういわれ、再来週予約がとれました。
たかが肩でありますが、手が上に上がりにくいので高いとこのものが取れない、背中がかゆくてもかけない、シャツやジャケットなど手を通す時と脱ぐ時が痛いのに加え、日によっては肩から腕にかけてがだるい。そして夜寝てるときに痛くなるんですよね。なので慢性的に寝不足な気が、、、
フィジオセラピーが何とか効果でるといいんだけどなぁ。

ネットで調べてみると1-2年で自然に治るらしいので、しばらくの辛抱かなぁ。
左肩は徐々に痛くなってきてすでに1年ぐらいになるかも。右肩はこの夏ぐらいからなのでまだ先は長そうです。

糖尿病は錠剤をのんでいるのですが、1度に3か月分を買うことができ、医者の証明書を書いてもらうのに少しお金がかかりましたが、去年までは薬の補償で3か月分自己負担額3ユーロで買えてたのが、今年からはこの薬については1年のうちに自己負担額が50ユーロを超えた場合、そのあとは自己負担額3ユーロだったのですが、来年からはこの保証がなくなるかもしれないから今年中に次の3か月分を買っておいた方がいいといわれました。というわけで福祉の補償もだんだん削られてきております。

他に処方箋薬額の自己負担が1年に610,37ユーロ(約74200円)を超えた場合(2016年度)、その後からは自己負担額が1回につき2.50ユーロのようです。(こちら)

2年近く痛かった尾てい骨、これはだんだん快方に向かってきてる感じするので、今また転ばないようにしないと。
ここにきて、雪が少し積もっては溶けかけ、それが夜凍り付いたりで時々歩道が恐ろしいことになってるので、この時期外歩くのはとっても神経使います。やっぱり生活には雪は不要ですね。。。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR