[Edit]

卵の白身と卵バター

先日カルヤランピーラッカの切手を紹介しましたが(記事はこちら)、このピーラッカにはゆで卵のみじん切りにバターを混ぜたものをのっけて食べるのが一般的なのですが、なんとそのゆで卵のみじん切りにバターをまぜたMunavoi(ムナヴォイ)がスーパーに売ってありました。

フィンランド カルヤランピーラッカにのせる 卵バター Munavoita 卵白身

写真向かって右側の黄色いほうがその卵のみじん切りにバターを混ぜたもの。ビニールチューブにパックされて売られてました。
こんなのがあったなんて初めて知りました。お味のほうはわかりませんが、旅行できて食べてみたいとなったらスーパーでカルヤランピーラッカを買って、これをのっけて食べてみるってこともできますね。

カルヤランピーラッカ、スーパーには要冷蔵で、レンジでチンすれば食べれるものや、焼き立てを売ってるスーパーも多いです。
オーブンがあれば冷凍ものもあります。
自分で作ったことはないんですが、一番おいしいと思うのは、冷凍ものをオーブンで焼いて、焼き上がりをバターをお湯でといたものにくぐらせると皮が固すぎず食べやすく、要冷蔵のものよりおいしく食べれます。
個人的には皮にライ麦粉があまり入ってないほうが柔らかくて好きです。ライ麦粉が多いと皮の色が濃くなります。

さらに個人的にはゆで卵のみじん切りにはバターでなくてキューピーマヨネーズで、このカルヤランピーラッカにもぴったりきます。
(重要:キューピーマヨネーズ!フィンランドのマヨネーズは味がずいぶん違います。)

上の写真にもう一つあるValkuainen(ヴァルクアイネン)というのは卵の白身。
印刷されている写真から見るとゆで卵の白身みたいですね。
黄身がないというのが不気味ですが白身の加工品なのかしらね?
買ってみる勇気はありません。

このカルヤランピーラッカ以前「Ylioppilasjuhla ☆ ウリオッピラスユフラ」で紹介してました。こちら

このウリオッピラスユフラ来年次男のがある予定です。
その前にクリスマスもあるし、今から考えるとストレスになるのでやめておきますが、こんなパーティを家で開くなんて準備する方はものすごく大変です。
ここにたどり着くまでの誕生日会やらネームディパーティ、クリスマスはほんの序の口、、、これに備えての訓練にさえ思えてしまいます。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR