[Edit]

アンズ茸わさわさ

昨日紹介した「秋を感じるもの」(こちら)の中にアンズ茸がありましたが、先日マーケット市場に行って帰ってきてたら道端に一つ!
一つじゃ…と思ったけど、一応持って帰って炒めて自分で食べました。笑

フィンランド 秋 きのこ アンズ茸 アンズダケ Kanttarelli

その数日後、旦那がよくアンズ茸があるあたりに散歩にいってくる。もし見つけたら採ってくると出かけていきました。
そしたら・・・

フィンランド 秋 きのこ アンズ茸 アンズダケ Kanttarelli

わんさか採ってきてくれました。今年は雨が多いせいもあるのか豊作なのかな。
周りにブルーベリーもいっぱいあったそうだけど、ブルーベリーはうちの旦那採らないんですよね。
まぁ、アンズ茸だけでもうれしい。

ということで、玉ねぎと炒めてクリームソースにしてパスタにかけて食べました。

フィンランド 秋 きのこ アンズ茸 アンズダケ Kanttarelli パスタ スパゲティ

ちなみにアンズダケのフィンランド名はKanttarelli(カンッタレッリ)またはkeltavahvero(ケルタヴァハヴェロ )です。

マツタケがとれたらうれしいけど、マツタケはもうちょっと北になるのかな・・・
フィンランド人にはマツタケの香りがダメなようで、何年か前に日本で重宝されるキノコとわかる前まで、食用きのこあつかいされてなかったそうなのです。
お手頃価格でこちらのスーパーに出回ってくれたらうれしいけど、フィンランド人には苦手な香り(というか臭い?)なせいかこちらのスーパーには出てきてくれません。もったいない。

イタリアで重宝されるというヤマドリタケポルチーニ)もイタリアに輸出されるのに採るようですが、スーパーで生が売られてるのはみたことがないです。
これはで何度かみつけて採ってきたことはあるんですが、かさが開いた後だとよく虫に食われてて、虫が中にはいってます。
虫がいないと思っても塩水につけると白い小さい虫がたくさんでてきてから採るのをやめました。
まぁ食べてもタンパク質で問題はないのかもしれないですが、、、

のキノコには間違えて食べると命を落とすほど猛毒のものもあるので、食用キノコかどうか自分ではっきりわからないきのこには手を出さないほうが無難です。採ってきたキノコに毒キノコが混ざっていた場合は全部捨てたほうが安全という話も聞いたことがあるので、きのこ狩りに行きたいと思ってる方はお気を付けください。


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR