[Edit]

牛肉違いのその後

先日フィンランドSグループのトゥルクエリアでガソリンスタンドに併設してあるABCレストランで販売されていた130g牛肉ミニッツステーキが牛肉ののフィレではなく、ひき肉ステーキだったことがニュースになっていましたが、この牛肉違いの続きです。

               ABC フィンランド ガソリンスタンド ミニスーパー レストラン 道の駅

その「牛肉違い」はこちらを。

Sグループの話では地元の国産にこだわり地元の会社にオーダーしていたところ、オーダーミスで間違った商品が届いていたということだったのでありますが、こちらの記事によると日刊紙の記者がそのステーキを製造していた会社に問い合わせたところ、自分たちはオーダーが来たものを製造していたという話。

コックがひき肉で作ったほうが安いから上部からの指令だったといってたそうですが、コックの話からもやっぱり意図的にひき肉ステーキにして、レストランではひき肉表示をせずフィレのお値段15ユーロ(約1720円)で売っていたのではないでしょうか・・・と思えます。

ステーキ製造会社の話では、ひき肉を使うことは珍しいことではないけど、それを表示せずに売るべきではなかったと。
そしてこのひき肉のステーキこの夏の間8000食ほど売れていたそうです。
他の人は気が付かなかったのでしょうかね?それとも気が付いたけど、疑問に思わなかったとかなんでしょうかね?
気が付いて声に出す人がいなければ、この後も続いていたかもしれませんね。

Sグループは、この間にこのひき肉のステーキを食べた人にはフィレで作ったステーキを弁償すると以前の記事でいってましたが、レシートとっておくでもしない限り食べたという証明ができないんじゃないかと思いますが、、、

このABCレストラン、この町内にもありますが、いなかなもので、私がフィンランドに来た当初、町内で外食するレストランがほとんどなく、何度かこのABCに行ったことがあります。
最初のころは何もかもがめずらしいので、そこでもよかったのでありますが、慣れてくるとわざわざそこにいって、食べたいとは思わなくなりました。お肉食べないと選択技が少ないというのも理由の一つでありますが。。。

町内今ではケバブ+ピザ屋さんに、中華料理、普通の庶民的レストランができました。
普通のレストランは町内の人がFBで推薦しているのをよく見かけるのでありますが、たいてい見る写真がフレンチポテトに肉!で私には無理。
中華料理店では何度か食べたことありますが、肉以外の料理がいまいちなんですよね。
やっぱりフィンランドの田舎でお肉食べないと外食しようという気になりません。
家でインスタントラーメンのほうがいいかな・・・と思ってしまう。
そのインスタントラーメンもこちらのスーパーで売られてるのはありがたいものの、スープの味が日本人的にはいまいち。。。
なので、ラーメンスープを日本から友達にもってきてもらったりで、日本のスープはやっぱりおいしいです。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR