[Edit]

地元のスーパーに生のマグロが、、、

以前にもたまに見かけたことはあるんですが、生のマグロが地元のスーパーに。

Tonnikala マグロ フィンランド スーパー

以前は大きなのが、ほしい量を告げて量り売りする魚のコーナーに出てたのを数回みかけたことがあったのですが、色がもう赤くなくてちょっと黒っぽい茶色がかってて、鮮度がとっても不安な感じだったのですが、今回はパック入りででてました。
1kgのお値段が38.50ユーロ(約4600円)。

左側のパックが200gで7.70ユーロ(約920円)、右側の色が赤黒っぽいのは412gで15.86ユーロ(1895円)なり。

正直言って鮮度が全く分からないので、もし買っても生で食べるのは怖い感じ。
この写真を撮ったのが5月20日。
左側の賞味期限が5月25日に見えるし、右側のは5月27日に見える。いくら何でも1週間はないだろうから5月22日なのかもしれない・・・とはいえ、いつパックされたのかも不明だし、生で食べるのはやっぱり怖い。

でも生のマグロが店頭に並んだことはフィンランドのシーフード革命に少し進歩。
でも進歩がゆっくり過ぎて、今後自分が生きてるうちに画期的な進歩が起こる期待はしないほうがいいと思っています。
フィンランドに住んでてお肉と乳製品がダメな人のつぶやきでした。。。)
スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
加熱用ですよね? 日本でも生食用と加熱用と2種類ありますし。魚介の生食の習慣がない所ではなおのこと…。(^^;)
  • 2016-06-13│13:38 |
  • るん URL│
  • [edit]
>るんさん
あ、生食用と加熱用とあるんですね。
これは何も書かれてなかったと思うけど、普通は生食の習慣ないので加熱用だと思います。
でも見ると刺身が食べたくなってしまう。。。
たとえレストランでも日本人がコックでないとこで、マグロの生とか食べるのはちょっと怖い気が。。。まぁこっちでそんなものあるのかどうかもわからないけど、、、
  • 2016-06-13│14:55 |
  • Hiro URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR