[Edit]

早いもので25年、、、

Lippu

今日でフィンランドにきて丸25年になりました。
そんなに年月が過ぎていったのか?ってぐらいあっという間に思えます。

来た当初、白樺の花粉と家で犬を飼っていたため、まずは喘息に発展してしまい、それが引き金となったのかいろんなアレルギーも出てしまいました。
犬がなくなってから喘息は治まりましたが、花粉症やアレルギーは残りました。
日本にいた時は花粉症もアレルギーも持ってるなんてしらなかったのでありますが、環境がかわると発症してしまうこともあるもんですね。

来てからまずはフィンランド語の勉強から始まりました。
長くすんでればある程度はわかるようになるのかもしれないですが、でも文法の基本はやっぱりちゃんと習っておいたほうがいいと思います。しかし25年すんでてもまだ完璧とはいえません。
時々息子に添削してもらうと、ちょこちょこ間違いがあったりです。
とにかく語尾変化がいっぱいあるので、そんなに簡単な言葉ではないと思います。
でもすんでる以上はやっぱり話せたほうがいいですもんね。

息子達が生まれてからは育児に専念。
旦那は家事、育児は私にまかせっきりだったので、異国の田舎でほぼ1人で男の子2人の育児はとにかく大変だったです。
2人とも帝王切開でしたが、4日目に退院と同時に家事と育児フル始動!
特に長男は夜泣きが激しくて、泣き始めても疲れすぎててすぐに起きれないでいると、「おい、泣いてるぞ、、、」と起こされるのであります。旦那は仕事で夜勤があったので、寝れる時には寝ておかないといけないという理由で手助けしてもらえず、
回数は減っていったとはいうものの、この夜泣き小学校入学前あたりまで続きました。
反対に次男はよく寝てくれましたが、そのぶんおねしょが続いて、そういえばおねしゃがでてシーツがぬれるとビーとブザー音がなるシーツなんかも試したことがあります。それでもなおらなくて、どうなることかと思ったけど、小学校にはいってからは減り、高学年ではもうほとんどなったので助かりました。
しかし正直言ってもう思い出したくないぐらい大変だったです。
なのでイクメンという言葉をきくと、いや、皆がイクメンじゃないよ!と声を大にして言いたくなってしまいます。

そういう疲れきってたときに助けられたのが音楽でした。
フィンロックとの出会いに助けられました。
息子にせがまれて買ったフィンランドのヒット曲が詰まっていた2枚組みCDの中に入っていたのがこのHIMの曲。
オフィシャルビデオが見つからないのでリリックビデオを。



この曲がはいっていたHIMのアルバムを買い、何度も何度も聴き疲れを癒してもらいました。
そして他のバンドにも目を向けるようになり、フィンランドにはいいバンドけっこういるじゃないと気がついたのであります。
それからこつこつフィンバンドの普及をはじめ、今に至ります。

フィンランドに来た理由はたまたま旦那になる人がフィンランド人だったからで、フィンランドにあこがれてきたわけではありません。
最初は何もかもが新鮮にみえたものですが、秋だけは1年目からして気がめいりました。
日がどんどん短くなりどんより天気も多いので、南部なので一応日は登っても夕方のようなうす暗さのまま日が暮れる日々が続きます。雪が積もると外が明るくなっていいのでありますが、雪に慣れてないとつるっときてしまってしりもちをつくこともよくあり、雪かきも大変。明るくなるのと雪景色は綺麗ですが、生活には雪が積もると不便だということをしみじみ実感。
その反面、夏は夜が短く明るく暑くさえなりすぎなきゃ快適。
あまり気温が上がりすぎると今度は冷房がないので、20-25度ぐらいをキープしてくれれば最高です。
ただこの夏の期間はあっという間に通り過ぎていきます。8月にはいるとそろそろ秋の風が吹き始めて、また暗い秋がやってくるかと気持ちまでどんよりしてきます。その繰り返し、、、

まぁ家事からは解放されませんが、今では子供達も大きくなり育児は手がかからなくなったので、フリータイムは好きなことに時間を注げるようになりました。
ってことで、私の好きなことはライブ!
去年からバスの夜の便がなくなり夜10時以降ヘルシンキからこの町内を通るバスがなくなったという障害がたちあらわれたので、たびたびホテルに泊まるわけにもいかず、行く回数はどうしても減ってきてしまいましたが、それでもライブに行くとエネルギーいっぱいもらえ、気持ちだけ(笑)は若返る気がします。
なので体力の続く限りライブにいって楽しみたいと思います!

そして大変だった時フィンロックに支えられたので、フィンロック普及も続けていく予定です。
今ではアダムも大きな心の支えになってるので、ツアー中はフィンランドの話題を離れ彼の話題も多いですが、ご了承ください。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

異国の地で旦那様に手伝って貰えずの子育て、、、よく頑張られました!偉いです!好きな事どんどんされてくださいませ~!

旦那の休日は子供達の面倒ヨロシク~な私です、、
  • 2016-05-02│13:27 |
  • mami URL│
  • [edit]
No title
25年も異国の地で住まわれているなんて
本当に凄いと思います。

もし自分だったら、きっと日本が恋しくなって
すぐに挫折しそう・・・・^^;

昨日、ヘルシンキ旅行から帰国しました。
男性が赤ちゃんを連れていたのがちらほら目に入りましたが、
Hiroさんの旦那様見たいな方もおられるのですね(汗)

それにしても、祝日なのですごい人でした・・・
人が少ない国を選んで行ったつもりなのに^^;
  • 2016-05-03│03:51 |
  • ショコラ URL│
  • [edit]
>mamiさん
夜勤の多い仕事とはいえ、当時はネットなどもなく、国際電話なんて高すぎて無理で、話をする人もいず、ほんとに思い出したくないぐらい当時は大変に感じました。その分、これから楽し見たいと思いますw

休日に子供の面倒見てくれるだんなさまいいですねー。あこがれますよ~

  • 2016-05-03│09:42 |
  • Hiro URL│
  • [edit]
>ショコラ さん
気がつけば25年たってたって感じしますね。
子供がいるからとにかくがんばらねばって感じだったかな。

育児に参加するかしないかは国民的なものより個人差がかなりあると思います。
日本人だって育児に参加するパパさんはいると思うしね。
フィンランド人男性の皆がイクメンと思わないほうがいいです。

フィンランドはメーディ・イブ~メーデーはとっても盛大に祝う祝日なんですよ。
夏至祭とかクリスマスに来たほうが街中に人少ないと思います。
夏至祭はサマーコーテージに、クリスマスは家族で祝うので家に引きこもる感じです。

  • 2016-05-03│09:50 |
  • Hiro URL│
  • [edit]
No title
1年に一度の凄い日に行ってしまったわけですね^^
千鳥足で歩く若い男の子がいて、車にひかれないか心配でした(笑)
お酒飲みながら歩いてたし^^;

そういえば、ヴァップにかぶる帽子ですが、
普通の白いのと、ポンポンみたいなやつがぶら下がってるものがありましたが、違いはなんですか?
  • 2016-05-03│13:56 |
  • ショコラ URL│
  • [edit]
>ショコラさん
返事遅くなりました。

そうです。そうです。1年のうちで、一番はしゃぐ日だったかもしれませんね:D
そしてそういう時にはお酒のむ量も半端ない。まぁ普段からよく飲む人達でありますが、、、

あの帽子、ぽんぽんみたいなのがついてるのもあったんですね。その帽子は知らないけど、普通は黒いつばのある白い帽子で、あの帽子は高校卒業時に受ける大事な試験に合格した人がかぶれる帽子なんですよ。中学から高校進学する人は半分以下だと思うので(半分以上は専門学校等)、皆がかぶれる帽子ではないんですよ。

旅行から帰ってきたのでまたぼちぼちブログもアップしていきたいです。
  • 2016-05-11│09:51 |
  • URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR