[Edit]

アダム・ランバート The Original High ヘルシンキ公演!

4月21日(木)待ちに待ってたアダム・ランバートのThe Original High ヘルシンキ公演にいってきました。

前日はバルト海を越えた向こう岸エストニアのタリン公演でした。
アダムの元彼氏で今はグレートフレンド(こちらフィンランドのMTVのインタビューでこたえております。)のサウリがフェリーでタリン公演にかけつけていたので、帰りはもしやアダムもいっしょにフェリーでヘルシンキ入り?って冗談ぽく思ってはいたんですが、まさかなぁ。。。と思っていたら、ありゃまぁ。ほんとにフェリーで移動した情報が。12時30分についたというような情報も。
ヘルシンキ-タリン間は急行フェリーで2時間半ぐらい。タリン見に行けばよかったかな~。帰り同じフェリーとかわくわくドキドキだろうなぁ~とか思ってみたけど、もう遅い。笑

夏のクィーン+アダムのライブはヘルシンキ公演の後がタリンだけど、クィーンはプレイベートジェットで移動なので、まさかフェリーで移動はないだろうなぁ、、、

さて今回のヘルシンキ公演ですが、チケット発売時に2種類のVIPがあり、違いは高いほうは食事つき、安いほうはサラダとパンの軽食つきで、スタンディング券にはどちらもアーリーエントリーがついてたので、食事なんてどうでもいいやと安いほうのVIPを買ってみることにしました。

Adam Lambert Trespassing VIP Tohtour Helsinki 21.04.2016

これがその安いほうのVIPの軽食。

Adam Lambert Trespassing VIP Helsinki 21.04.2016

2種類のサラダとパン。
サラダはひとつがチーズとグリーンサラダでヨーグルトソースだったような。ソースの味はあまりしなかったです。
もうひとつのサラダは野菜とフルーツとチキンがまざってて、スィートチリソースがついてました。
元々フルーツを野菜と混ぜるのが好きではないので、私にはかなり微妙なサラダでした。
まぁ美味しいサラダだったとしてもライブ前に味などじっくり味わってる余裕ないような気がします(笑)。

食事の後ホストに連れられてホールのスタンディングの入り口前に並んで待機。このとき外で並んでた順番に並んでました。
高いVIPの方が先にならんでました。前回はどちらも同時にはいれたってきいていたのになぁ。クレームがついたんでしょうかね。
このとき手荷物検査があったんですが、ドリンク類は持ち込めないのと、一眼レフカメラもだめ。もちろん危険物もだめ。それは知っていたので持ってませんでしたが、なぜかライトのつくスティックとペンもだめといわれ、いつもバックに常時してあったボールペンとマジック4本ぐらい没収されました。
ボールペンは日本でかった書きやすいボールペンだったのでちょっとショック~!
まさかマジックやボールペンが危険物とみなされるなんて思ってもみなかったわ。あらかじめいってくれてたらクロークに荷物あずけるける時に一緒に預けたのに。。。
でもそこで、ごたごたいって、没収がいやならクロークに預けに行ってくれといわれてもクロークは上の階で、もうすぐ中に入れるって時にその場を離れる勇気はなかったので、素直に没収され(笑)待つことに。
アジア人だし、ペン何本ももってて怪しまれたのか(?)バックの内ファスナー中までチェックされました。

女性と若い男の子が手荷物検査してたんだけど、私は女性が検査でこの女性のほうが厳しかったように思えました。
まぁ最近はテロとかもあるし、セキュリティはしっかりしてくれたほうが安心ではあるので、まぁしょうがないですね。
さよう~なら。マジックと日本の書きやすいボールペン、、、

今回はヨーロッパツアースタートの少し前に手持ちのチケットをファンクラブVIPにアップグレードできる情報が。
このファンクラブVIPには2種類あって、大きな違いは高いほうのVIPにはアダムと2ショットを撮れる特典が。
しかしながら、フィンランドのグランバーツさんたちはチケット発売時にすでに発売されていたVIPを購入してる人が多くて、ファンクラブのVIPとは別物ということで、手持ちのVIPをファンクラブVIPに変更とか差額をはらってグレードアップをするとかができなかったのであります。
ファンクラブの2ショット写真付でない安いほうのVIPには食事または軽食はなしだけどサイン入りポスターがついてて、最初に買ったVIPはサインなしのポスター。私が買ってたVIPと値段的にはあまりかわらない。ならば食事よりサイン入りポスターの方がよかったなぁ。そういう悔しい思いをしたグランバーツさんは多かったと思います。

入場のドア前に並んでた時、横に短い別の列もあったので、ファンクラブの安いほうのVIP購入者ではなかったかと。
中に入る時の注意事項は、走らない!前の人を追い抜かない!この注意事項が守れなかった人は入り口に連れ戻すといわれ、皆あせる気持ちを抑えてしたがってました。

前の人の後を走らない程度に急ぎ足でついていき真ん中よりの2列目を確保。
1列目の向かって左側にはドア前に並んでた時の短い列の人達がいたので(日本公演の時にも見かけたいつも最前にいる外国人女性がいたのでわかりました。)たぶん安いほうのファンクラブVIPの人達がその左側最前、真ん中よりから右側の最前が床にテープ貼られて立ち入り禁止になっていて、そこにこの日は14人いたというアダムと写真が撮れる高いほうのファンクラブVIPの人達の場所が確保されていました。
ということなので、2列目にいたけど、最前にまだファンクラブVIPの人達が入るので実際は3列目。
ファンクラブVIPの方はけっこう時間がかかりオープニングアクトの少し前ぐらいかな。入ってきたのは。
最前がはいったあとは間を詰めれるので、すっごい押されぎゅーぎゅーに。
するとちょうど前にいた最前にはいってきたVIPの2人が抜けたではありませんか。
せっかくの最前なのに~と思ったのですが、前日このミーグリ付のVIPチケットを2人にプレゼント(当選者1人と友達だったと思います。)企画がプロモーターのFBであり、もしかしたらそれほど熱狂的ファンでない人が当選して、ぎゅうぎゅうの最前でみなくてもいいやと後ろに下がったのでありましょうか?わからないけど、とりあえず私にしてはラッキーなことで、2列目確保できました!やった!

このミーグリのあとにインタビューがあったラジオ局の人の話では、写真がとれるミーグリがどんなだったかを話してました。
それによるとまずアメリカ側のスタッフが参加者を順番に並べ、1人30秒!といってたそうであります。
それに対してアダムは暖かい対応をしていたそうです。

さてこの日のオープニングアクトは Alex Mattsonという私は全く知らなかったDJでした。

Alex Mattson Hartwall Areena 21.04.2016 Adam Lambert OA

曲も全く知らなかったので、のるふりをしながらもうすぐ!とひたすら待つのでありました。

会場はフィンランド最大のHartwallアレーナ!
Adam Lambert Hartwall Areena 観客 2016

スタート予定時刻を過ぎてからだったかな。スクリーンが映し出され、もうちょい!

Adam Lambert Hartwall Areena 21.04.2016 Helsinki TOH tour

ライブスタート直前にいつも流れてくる曲が聴こえてきたらいよいよ始まるとドキドキ

そして始まった!
エストニアのタリンでは最初の衣装が日本公演のときと同じに戻ってたんですが、ヘルシンキは赤でした!
ジャケットも着ておりました!



この日はRunnin' からのメロディーではChokeholdでマイクスタンドをもってのセクスィな動きがありました(3:03あたりから)。



2部の衣装はエストニアと同じジャケットスーツでしたが、エストニアでは黒いパンツ、フィンランドではジャケット生地と同じパンツという違いがありました。

Another Lonely Night の後半にあるライトアップ、日本公演のときより輝きが増してるように思えました。
2:35 あたりから。



3部の衣装は最近お決まりの衣装でしたが、衣装がえの後出てきたアダムの髪の毛がこれまでにないぐらいワイルドに乱れてたのであります。(写真はこちらを。)
3部の最初の曲The Lightを歌い終わった後で、ダンサーのテランスがかぶってる帽子を拝借してそれからずっとかぶってました。(笑)3:20あたり。



そしてShadyからFeverあたりはいつもながらに動きがセクスィで面白かった。


アンコールでだったかな。どこかでフィンランド語で「Rakastan Sinua」(I Love You)って言ったように記憶してます。
このフィンランド語は言いなれてるかもしれないですね

ヘルシンキ公演はフルセットでした。

Adam Lambert Helsinki Hartwall Areena Setlist 21.04.2016

今晩はもうスウェーデンのストックホルム公演で、ゆっくり書いてる時間がないので詳しいレポはまた後日に。
ストックホルムはWelcome To The Show と Rumors でサプライズがありそうな予感が!

さぁどうでありましょうか?

IGに上がってきた写真をみるとストックホルムにはサウリもいってるようであります。
バンドメンバーとは違うフェリーであとからいってたような感じ。
アダムはどちらでいったのでしょうか?と気になりますが、今でも仲がとってもいいのはほほえましい。
またフィンランドの婿にもどってくれてもいいんだけどなぁ。。。

追記 この日、第3部で出てきた時の髪の毛、自分でも写真のっけてました。(笑)

Cactus Cooler..... Or Chia Pet

Kuva, jonka ADAMLAMBERT (@adamlambert) julkaisi



スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
BARKS、拝読。
写真すごい! 一眼が駄目だったわけだからコンパクトカメラですか? それであんなにきれいに撮れるなんてHiroさんすごいですね。特にトップの写真がきまっています。
  • 2016-05-03│08:58 |
  • るん URL│
  • [edit]
>るんさん
さっそくBARKS読んでもらってありがとう!

写真高くもない普通のコンパクトカメラでとったものです。
ライブをケイタイ撮影は苦手なので一眼は持ち込めなかったとはいえカメラが使えてよかったです。
  • 2016-05-03│09:55 |
  • Hiro URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR