[Edit]

今年のクリスマス終了!

Joulukuusi クリスマスツリー フィンランド

今年のクリスマス終了しました。やったー!
今年最大の肩の荷がおりました。ほっ。

サンタの国のイメージでフィンランドクリスマスはさぞかし盛大に華やかに祝うんだろうなと思ってる方がいたら大間違いなのであります。
日本のお正月とお盆が一緒になった感じかなぁ。
クリスマスまでに大掃除を済ませ、クリスマス料理やお茶菓子を準備して、クリスマスは家族そろって、そのクリスマス料理を食べたりと、家族で過ごす日。教会のミサにいく人もいますが、ご先祖様のお墓参りをしてお墓にキャンドルを灯す日でもあります。

お店は24日の12時でどこも閉まり、26日いっぱいまでお休み。今年は27日が日曜なので、24日の12時から27日の12時までどこも閉まってます。家族がそろって家で過ごすので、町中はゴーストタウンのように静まり返ります。
今年は12月暖かくてこのあたりは雪もなく、1番暗いシーズンでもあり、私は外にでてないけど、ほんとにゴーストタウンみたいだったかも。

昨日クリスマスイヴにフィンランドに到着したアメリカ人家族が、お店がどこも閉まっていて、5歳の娘さんにクリスマスプレゼントを買うことができないと途方にくれていたら、宿泊先のホテルのスタッフがホテルにあったもの、それから中央駅の開いてたキオスクで買ったものをトンットゥ(サンタさんの助っ人)からとプレゼントして、涙ぐんで喜んでくれた記事を読みました。
他にも想像はしてたけど、あまりにも静かでびっくりしたというシンガポールから来たカップルの記事もありました。

サンタクロース村のある北部の観光地なら観光客のため開いてるとこもあるかもしれないですが、フィンランドのクリスマスは華やかとは正反対にほんとに静かでひっそりしてます。

そして主婦にとっては大仕事のイベント。
大掃除もしなきゃいけないし、クリスマスに食べるものも準備しなきゃいけない。大掃除して、おせち料理を作るお正月前の日本の主婦のような感じです。

義母が元気な頃は義母がクリスマス料理を作ってご馳走になっていましたが、歳をとってきたのでいつの頃からか世代交代。
外国人でキリストの信者でもない私が、なぜにクリスマス料理を作ってもてなさなきゃいけないの、、、なんて嘆いてもどうにもなりません。プレッシャーが肩におもーーーーくのしかかってきてしまいます。自分はなんてプレッシャーに弱い人間なんだろうといやになるぐらい、プレッシャーに押しつぶされそうになりながらもとにかくやるしかない。

義母から世代交代した当初は、イヴのお昼を家で、イブの夜、義弟の家でクリスマス料理となっていたのですが、1度連絡なしに義弟家族が来なかったことがあるので、それ以来義弟家族の招待はきっぱりやめました。
義弟の奥さんはお姉さんが2人いるし、当時はお母さんもいたので、行ったりきたりいそがしいというのもあったでしょうが、せめてこれないなら連絡ぐらいいれてほしいですもん。家族4人分って用意する側には大きいです。
それにお互いにクリスマス料理作るのだし、行ったりきたりなんて面倒に思えるし。
家が招待をやめたら、当然ながら義弟夫婦からの招待もなくなり、呼ばれていくというのも気をつかうもので疲れるしで正直ほっとしてました。
それ以来義両親はイヴに家で、クリスマス当日に義弟の家でクリスマス料理を食べるのが習慣になってました。

今年もそのつもりで、義母は認知症で前もって言ってても覚えてないので、義父にイヴの12時に家でと伝えておきました。
イブ当日、私は家の中で時計を見ながらせわしく準備を。旦那と息子は庭で薪割りをしていたところ、11時ごろ隣の隣に住む義両親宅に義弟が車でやってきて、両親を自分の家にクリスマス料理を食べに連れに行こうとしたところに旦那たちが気がつき、話をしたら、家でクリスマス料理を食べるなんて知らなかったから連れに来た。家は別の日に招待すればいいだろと両親を連れて行ったと聞いたときには、えぇぇぇぇぇぇぇ、、、、正直涙がでました。
この日のために義両親が来るからこそいろいろ準備していたのに、、、へなへなへな、、、と気がぬけて呆然となりました。
毎年恒例になってたのに知らなかったなんてないと思うし、イヴに自分達が招待したければその旨いってくれればあわすことだってできたのに。こっそり迎えに来るなんて、、、
たまたま旦那たちが外で薪割りしてたから迎えに来たのに気がついたけど、家の中にいたら気がついてなかったと思うし、12時前に迎えに行ったらいなかったってことになってたはず。
なんかもうこれって意地悪された気分になりました。
もうずいぶん用意ができていたので、明日に延期というわけにもいかず、うちの家族で食べました。

今年はかなり手抜き、、、メインのブタのもも肉のハムとラーティッコと呼ばれる野菜のキャセロールは市販のものを購入しました。

Joulupöytä Christmas foods クリスマス料理 フィンランド

真ん中がブタのもも肉のクリスマスハム。横に生ハムも加えてみました。
Joulupöytä Christmas foods クリスマス料理 フィンランド クリスマスハム

野菜のキャセロール。手前からじゃがいも、にんじん、カブ。牛乳やクリームがたっぷり含まれてます。
Joulupöytä Christmas foods クリスマス料理 フィンランド ラーティッコ

クリスマス料理につき物というわけでないですが、お肉食べない私はメインのハムは無理なのでサーモンの塩しめ。
これは町のマーケットに売りに来る魚屋さんで買ったもので、けっこうなお値段しますが、美味しい。
Joulupöytä Christmas foods クリスマス料理 フィンランド サーモン

そして私のお皿はこんな感じに、、、
Joulupöytä Christmas foods クリスマス料理 フィンランド

じゃがいももゆでてましたが、自分用にはご飯をたきました。このサーモンにお醤油ちょっとたらして白米と食べると美味しい。 こういうことができるのも自分の家で食べるからですが
野菜のキャセロールは嫌いってわけでもないけど、前の週、町の食堂で食べたのでもうそれで充分。乳製品がたっぷり入ってるので、普段から乳製品食べない私にはお腹にこたえてしまって、、、

のこったご飯は夜にはおにぎりになりました。
フィンランドではクリスマスに同じお米でミルク粥を作るのですが、牛乳が無理な私には無理な食べ物であります。
ミルク粥よりおにぎりの方がよっぽど美味しいと思うとこに日本人を感じます。笑

食事の後はささっとかたづけ、今度はコーヒーとお茶菓子の準備にとりかかります。
(続く)
スポンサーサイト

Trackback

Comment

フィンランドのクリスマスはそこかしこに本物のサンタクロースがいて大盛り上がりなのだと思ってました!!
どこの国でも義家族とのゴタゴタがあるのですね(笑)
豪華ですごい量のお料理がクリスマスっぽくて素敵です☆
  • 2015-12-26│04:03 |
  • 桜もち。 URL│
  • [edit]
>桜もち。さん、
そうなんですよ。きっと日本人がイメージしてるクリスマスとは違うと思います。町中はひっそりしてます。
クリスマス前になると長年の経験あるとか車で伺うサンタさんの広告も見かけますよ。

身内関係はどこも同じですね、、、

メインの料理は市販のものを利用しました。
ほんとは手作りの方が美味しいのでしょうが、手を抜けるとこは抜かなきゃ。笑

  • 2015-12-26│11:34 |
  • Hiro URL│
  • [edit]
先にスイーツの方を読んでしまいました。

義弟、え~~って感じですね。
来年は事前に旦那様に予定を聞いてもらったほうがよさそうですね。

うちはというと。
いつもうちの居間で集まっていたお正月をやめて、母家の居間で集まる事に変更しました。嫁(私)は飲食の準備をしっかりして、年始の挨拶をしたらそっとおいとまし、近くの商業施設に逃げる予定です~。母家でのお正月なので後片付けは義姉達にして欲しい~。集まりたいのは血の繋がった家族だけでしょ?嫁はいらないでしょ?と主人に言うと笑っていました。
  • 2015-12-26│14:47 |
  • mami URL│
  • [edit]
>mamiさん
今年のクリスマスイヴはほんとに涙ぐんでしまいましたv-409
義弟というかいいだしたのは奥さんでしょうけどね。
来年はもう逃げ出したい。^^;
けどそういうわけにも行かないので、旦那に確認してもらいますわ~

誕生日会などで義弟のとこに行くと、男女部屋がわかれて、義弟の奥さんには2人お姉さんがいるので昔話とかご近所さんの話でもりあがるんですが、その中にいる私は空気の存在なので、嫁はいらないでしょ、、、って気持ちすごくわかります。
脱出できるといいですね~。とりあえずそこまで頑張ってくださいね。
  • 2015-12-27│11:58 |
  • Hiro URL│
  • [edit]

Post a comment

Font & Icon
Secret


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR