[Edit]

ひょえー!甘かったナッツ !

先日ドイツ系スーパーLidlで買ったナッツの詰め合わせ!

フィンランド Lidl ナッツ

中は、、、

フィンランド Lidl ナッツ

ピーナツ、ゴジ、アーモンド、ひまわりの種かぼちゃの種

ゴジってなんだろう?と思ったらベリーでした。

フィンランド Lidl ナッツ

ベリーは甘くてもまぁわかりますが、塩味を期待したら全体的にほのかに甘い、、、
特に小さいナッツ、袋の写真で見るとアーモンドがやたらと甘い

と思ったら、、、

フィンランド Lidl ナッツ

ありゃ、、、砂糖でコーディングされてた
Mantelia アーモンド
Sokeria 砂糖
というわけで、アーモンドにコーディングされてる砂糖が全体に味をつけてすべてがほのかに甘くなっていたみたい。

ケーキとかチョコとかにアーモンドはおいしいけど、ナッツそのものを食べる時は塩味が好みというか、普通に塩味を期待した自分が間違いでした。

自分はもう買いませんが、甘いナッツ等がお好きな方はぜひ。
スポンサーサイト

[Edit]

金曜と土曜の袋入りお菓子

フィンランドに来た当初からLauantai(ラウアンタイ/土曜日) と名前の付いたお菓子の袋がありました。

中にはグミやらロリポップキャンディやらいろいろ入ってました。
最近同じメーカーで金曜日Perjantai/ペルヤンタイ)のお菓子の袋が登場!

フィンランド お菓子の袋 Perjantai Lauantai Karkkipussi 金曜日 土曜日

フィンランドのグミは顎が鍛えられそうに固いのが多いのであまり食べたい衝動にかられることもなく、買ってませんが、金曜の袋、、、グミがのぞいてます。

そういえば昔は週に1回キャンディの日Karkkipäiväにして、甘いお菓子を食べてもいい日ってのを決めてある家庭もあるって話を聞きました。土曜日と名のついた袋が昔からあるってことは、きっと週末の土曜日がそのキャンディの日の家庭が多かったのでしょうね。

さて私は今日土曜日ライブ&アフパで長い長い土曜~日曜になりそうです。
あ、でも日曜午前3時が4時になって夏時間になるので、夜が1時間短くなります。
この夏時間、夏の日照時間を活用しようっていう意図もあるようですが、夏は日がとっても長いフィンランドではあまり意味がないように思うんですよね。
夏時間になると日の入りが1時間遅くなるので一気に日が長くなった気になります。
その分日の出が1時間遅くなるわけですが、よっぽど早起きでない限りその点はあまり気がつかないものなので一気に日がながくなった感じがします。

では皆さんよい週末を!


[Edit]

春を感じるアスパラガス

これは少し前に撮った写真ですが、アスパラガス

フィンランドフィンランド 輸入品 アスパラガス 春

今やっと積もってた雪が溶けてるところで、この時期フィンランドでは外で何も育たないので、もちろん輸入品ですが、ちょっとを感じる野菜です。

昔毎年庭に生えてくる緑の草があって、それが実はアスパラガスだとは知らなかった私。
でも食べれ部分が生えてるのには気がつきませんでした。
家を新築するにあたって、一部庭がつぶれることになり、その緑の草と思ってたのがアスパラだったと聞いてはじめて知ったのであります。
一応、他の場所に植え替えたんですが、残念ながら植え替えしてからは枯れてしまいました。

待ってるのが、そろそろキャベツが出てこないかなぁ~。
これももちろん最初は輸入ものですが、フィンランドのキャベツは冬になるとものすごく固くて、柔らかいキャベツ登場が待ち遠しいもんです。でも登場したてはお値段高いのでしばらく値段下がるの待つことになるのですが、、、

そして今日は雨が降ったりやんだりのどんよりお天気だったのですが、そろそろ歩道の雪が溶けてきたので、さっそく清掃車が歩道の掃除してました。
雪どけすると冬に滑り止めで歩道にまいてた砂利や土が空気中に舞い上がり、埃っぽくなるんですよね。
ただ雨が降ってたので、土埃は地面にべったりくっついてて、晴れて歩道が乾いたら土埃が舞い上がりそうです、、、

[Edit]

なぜかロンケロ :D

地元のS系列のスーパーの棚にこれが見事に並んでました。

フィンランド スーパー ロンケロ チューハイ

その季節にちなんだ商品がよくここに並べられるんですが、今回はなぜかロンケロとかお酒

上の2列はこれ。

フィンランド スーパー お酒

スイカ味のLe Coq Cocktail Margaritaとココナッツ&パイナップル味のLe Coq Pina Coladaで、どちらもアルコール度は4.7%。

その下はフィンランドのチューハイともいえるロンケロ

フィンランド スーパー ロンケロ チューハイ

赤い缶が普通のクランベリーロンケロ
白い缶はクランベリーロンケロライト。

自分お酒類が全く飲めなく、、味ちょこっときいてもアルコール入りだとまずいとしか思えないので、どれもじっくり味きくことができないんですが、クランベリージュースは普通に好きなので、お酒飲める方機会あればクランベリー味をお試しください。

このクランベリージュースはお酒とわることもよくあるようで、たいていバーにあるので、メニューにのってなくてもクランベリージュース(フィンランド語でカルポラメフ)といえば出してもらえると思います。
自分ライブに行くとクランベリージュースがお決まりです。
たまにジュースだけでいいの?と聞かれることもあります。

ちなみにフィンランドで法律的にお酒が飲める年齢は18歳です。
なので、お酒の販売があり、未成年者エリアがはっきり区別されてないライブ会場は18歳以上と年齢制限があります。
ということでほとんどのライブ会場が18歳以上ではないかと思われます。
若くみられたら入場の際年齢を証明できるIDが必要です。
日本人は若く見られがちなのでお気を付けください。

[Edit]

スプリングオニオンコーティングナッツ

日本にもこのタイプのピーナッツはあると思いますが、フィンランドにもコーティングされたピーナッツがあります。

フィンランド コーティング ナッツ

左からチリナッツ、チーズ&チリナッツ、そして新しく見たように思うのがスプリングオニオンナッツ
というわけで、このスプリングオニオンコーティングのピーナッツを買ってみました。

フィンランド スプリングオニオン ナッツ

中はこんな感じ。

フィンランド スプリングオニオン ナッツ

お味のほうは、、、うーん、まぁまぁでした。

以前このタイプのナッツでわさびコーティングの食べたことがありますが、鼻が一気にキーーーーンと痛くなる強烈な味でした。

さて春分の日がやってきて、これからは日中のほうが長くなります。
フィンランドはとにかく秋が暗く、その後寒い冬がやってきて、この春分の日が待ち遠しい。
春分の日が過ぎると今度は一気に日が長くなってよいいシーズンになります。
ただ私の場合は花粉症があるので、待ちに待った春がやって来た~と思ったら痒々、ズルズル、ハックションと花粉症でしんどいことになるんですが、外が明るいと比例して気分も明るくなる感じがします。

Googleも春分の日仕様の動画になってました。

Google 春分の日

ちなみにフィンランド語で春に昼と夜の長さが同じになる日を「Kevätpäiväntasaus」(ケヴァットパイヴァンタサウス)と言います。


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR