[Edit]

降りる駅を通り過ぎてしまったアジア人家族にとった車掌さんの対応が素敵すぎる

こんな心温まるニュースを目にしました。



フィンランド北部ロヴァニエミからヘルシンキに向かう夜行列車に乗っていたアジア人家族、宿の予約をしていた降りる予定だったケミの駅に気がつかず、車掌さんに場所を尋ねたらちょうど通り過ぎたとこで大慌て。
次の駅は40㎞先。
その家族は小さな子供を連れていて、外は-21度。
次の駅で降りたとしても、真夜中にすぐ宿を見つけるのはほぼ不可能。

そこで車掌さんがとった対応は、どうやってケミに戻ることができるか他の列車を調べ、ヘルシンキからロヴァニエミに向かう列車が数分後にすれ違うことに気がつき、その列車の車掌さんと連絡を取り、森の中で両方の列車を止め、その降り過ごしアジア人家族を反対側から来た列車に乗り換えさせ、ケミに戻させたそうであります。
これまでにニュースになってたりしてたのは、切符を間違ってかっていた子供を途中の駅で無理やり降ろしたとか対応を問われるニュースも時々目にしたりしてましたが、今回の対応は素晴らしいですね。

-21℃の中、小さな子供を連れて宿が見つからないとかなったら大変ですもんね。

フィンランド鉄道VRのスポークスマンによると、こういうことができるのは本数が少ないラップランドのみで、列車を止めるには交通局に連絡もしなければいけないそうで、今回は車掌さんが場所に詳しく、ケミを出発してから15分のとこに乗り換えさせるのにちょうどいいとまる場所がたまたまあったからできたのでラッキーだったと。

ということで、列車に乗るときには気を付けましょう!

この記事にはアジア人家族としか書かれてないんだけど、果たしてどこの国の家族だったのかな?
とにかくよかったよかった!

この写真はずいぶん昔にとったものです。

フィンランド VR 列車 Juna

電車が通ってないとこに住んでるもので、実のところ電車とはなかなか縁がなくてヘルシンキ近郊列車しか乗ったことがありません。😅
スポンサーサイト

[Edit]

10ユーロなり!

先日S系列の日曜大工的な商品を売ってたホームセンターっぽいお店が、店じまいセールをやってました。
すべての商品40%引き。

というのが目についたので、立ち寄ってみました。

とりあえず使う機会があるであろう小物を購入することに。
これだけ買ったのですが、10ユーロ(約1330円)でした。

フィンランド 店じまいセール 10ユーロ

お買い得だったかと思います。✌

しかし町内からお店がだんだんと減っていく・・・

昨年かなぁ。スーパーも2店舗なくなりました。
銀行も2店舗なくなり、残ってた2店舗の内ひとつは現金の取り扱いがなくなったはず。
郵便局も警察署も職安もなくなり、個人商店も新しいのがオープンしては閉店になりの繰り返し。
スーパーの店舗内に入ってる小物店が今店じまいセールやってるので、また一つ減るといった感じ。
小さな町なので、売り上げも期待できないと思うし経営が難しいのでしょう。
いろいろな手当ての申請を受け付けるKelaも今では週1度だけオープン。
ネットで用が足りるようになったのもあるけど、いざ窓口に行く用事ができたとき、遠くの町まで行かなきゃいけない。
車がないと簡単にいけないし、不便に感じることもあります。

電車通ってないので、ヘルシンキ出るのもバスが頼り。
そのバスも本数が減ってきたし、ヘルシンキから帰ってくる便の最終が平日20時、土曜18時とか、ライブの始まってない時間でまじで困ります。

田舎に住んでるのでしょうがないんですが、これからフィンランドの田舎に住みたいと思ってる方はその点覚悟しといてください。

[Edit]

金曜にヘルシンキでサポートスト!バス、地下鉄、トラムの市内交通がほぼ全面的にストップ予定!。

昨年12月だったと思いますが、失業手当支給に対する法律が改正になり、基本の失業手当をもらうには3か月の間に、職安が認める学校などに5日以上通う、または最低18時間仕事をし決められた収入の額を得なければ次の3か月間の失業手当が減るという新案アクティブモデルが可決され、すぐに今年1月から執行になったことに対する反対のデモとサポートストがこの金曜にヘルシンキで予定されています。






上記などの記事によると、金曜日のヘルシンキの市内交通はほぼストップのようです。
地下鉄とトラムはまるまる運転停止。
市内バスは午前3時から夕方18時まで。運行できる路線があるかもしれないけど、それは金曜の朝通勤してきた運転手によりなので、運行される路線がわかるのは金曜の朝だそうです。18時以降は徐々に動き始める予定。

このサポートストには運送業がかかわるため、例えばポルボー路線は運休、格安バスOnnibusにも影響があるとのことです。
バス運行とバスで運ぶ荷物の運行にかかわるMatkahuoltoのニュースによると、金曜2月2日のこのサポートストが実行されればフィンラド全国のバス運行と荷物の運行にかかわるということで、運行されるバスについては確認するようにとのことです。

ちなみに、牛乳運搬車、タクシー、ヘルシンキ近郊をつなぐ電車Lähijuna、空港のAirproの運転、貸し切りバス、フェリーなどには今日の記事では影響ないとのことで、スオメンリンナとを結ぶフェリーも今のところへ平常運行のようです。

ただ情勢はかわることもあるし、ストに参加する職種が増える可能性もあるので、要注意といったとこでしょうか。

この失業手当に対する新しい法律は、地域差があるという意見もあります。
確かに地方に住んでると職場なんて、ほんとに限られてきます。フィンランドの田舎の町や村はほんとに小さいです。
3か月の間に18時間の仕事を見つけること自体、なかなか難しいと思います。
この失業手当のアクティブモデルにさらなる新案も予定されていて、それによると失業者は毎週最低1つの求職をして、それを毎週報告するというもの。それを怠ると2か月間手当がストップするというもの。
これも特に地方だと、毎週求職する先がないですよ。
この法律が実行されたとすると、失業者は手当が止まっては困るので、手あたり次第求職することになると思うので、それを受け取る側の会社も大量に求職申請が届いて大変だし、全国の失業者からの1週間に1度の報告をチェックする側も大変かと。
中には年配者や、金銭的な問題でネット環境にいない人もいると思います。そうなると毎週新しい求職先を探すことも難しいです。
そういう弱い立場の人たちがさらに厳しい状況になっていくことになります。
ストをするからには、この法律に影響を与えることができて、これ以上ストをおこさなくてもよくなることを祈ってます。

このストに影響ないという中に牛乳運搬車がべっこに書かれてるとこが、フィンランド人に牛乳がどんなに大事なものかがわかるような。ほんとに乳製品好きですわ。乳製品苦手な私は職場の乳製品たっぷりのランチをたべるとよくお腹が下ります。💦

[Edit]

今日はフィンランドの大統領選挙!でこんなアニメ登場!

今日はフィンランドの次期大統領選挙の日です。
それに合わせてフィンランドの国営放送Yleの番組Kioskiがアニメを制作。
そしてこのアニメ、何と日本語でしゃべってフィンランド語の字幕がついてます。😲

選挙を無関心にさせ、選挙に行く気を失せさせるモンスターが現れ、それを大統領候補たちがまとまってやっつけるというストーリー!
かなりフィンランド語なまりの日本語なので、よーく聴かないとなに言ってるのかわからないかもしれないので、よーく聴いてみてください。こちらです。




実は同じようなアニメが昨年春の地方選挙の時にも作られていました。
その話題はこちらフィンランドの国営放送局Yleの番組が作ったフィンランドなまりの日本語でしゃべる地方選挙の投票を呼びかけるアニメが笑える!」を。

世論調査では現在のサウリ・ニーニスト大統領の支持率が他の候補者と大差でトップ!
2位は緑の党のペッカ・ハーヴィスト。
Facebookでなお勧めのページとして最近なぜかこのペッカ・ハーヴィストが出てきます。
彼はゲイであることを公にしていて、私がアダム・ランバートファンってのをFBが認識していて、彼をお勧めなのかしら?

とはいえどんなに長く住んでてもフィンランドの国籍がないと大統領の選挙権はないので、自分は遠目に眺めているだけですが、選挙権がある方はぜひ投票を!

もしサウリ・ニーニストが50%以上の投票率を獲得したなら、そのまま次期大統領に決定しますが、もし50%以下の場合、2位だった候補者と2次選挙になります。
最近サウリ・ニーニストの支持率が下がってきたという話も耳にしますが、それでも50%以上の投票率を確保するのではないかという記事も目にしたリ。
さてどうなることでしょう!

[Edit]

冬のあの恒例行事終了!

昨日は午前中氷点下2桁でした。
ちょうど仕事のない日だったので、氷点下2桁の時にする冬の恒例行事を決行することに!

それはなにかというと冷凍庫霜取り
1年の間にこんなに霜がついてしまいます。

フィンランド 冬の恒例行事 冷凍庫の霜取り

1度霜取りをさぼったら、次の夏ぐらいにこの霜が倍以上に膨れ上がり、冷凍庫の面積が狭くなってしまい、カゴを引き出したりすると、霜が邪魔になって奥まで戻らなくなったりでドアが閉められなくなったりもしてので、さぼるわけにはいきません。

なぜ氷点下の時を選んでなのかというと、冷凍庫の中のものを溶けることなくベランダに出して置けるからです。

フィンランドは北に位置しているため、外で植物が育つ期間が限られてきます。
ということで、夏~秋に収穫したものを、冷凍保存して冬にそなえるので、たいていの糧に冷蔵庫と同じ大きさの冷凍庫があります。
霜取りに、中のもの全部を食い尽くすわけにもいかず、氷点下2桁の時、冷凍食品を溶けずにベランダに出して置けるので便利です。

霜取り中!

フィンランド 冬の恒例行事 冷凍庫の霜取り

上の段。

フィンランド 冬の恒例行事 冷凍庫の霜取り

下の段。

フィンランド 冬の恒例行事 冷凍庫の霜取り

溶けかけの霜の塊がポロンと落ちて、網の棚などにあたって、外に飛び散ったりするので床にも水分吸収できるようバスタオルを。

霜がすべて溶けきるまで数時間ぐらいかかります。

霜取り終了!ほっ!

フィンランド 冬の恒例行事 冷凍庫の霜取り

次の霜取りは1年後ぐらいに!
霜がつかない冷凍庫がほしいなぁー。


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR