[Edit]

最近のニュースより ☆ 飲酒運転の車と警官銃撃戦/ 兵役中の兵士週末休暇の注意事項

時々、え、フィンランドでそんなことがあるの?と言われることがあります。
日本までニュースが届いてないだけで、もちろんいろんな事件があります。
というわけで、時々ピックアップしてお伝えします。

まずはさっき見かけたニュース



Saastamalaで飲酒運転の通報があったため、警官が出動。
その飲酒運転をしているとみられる車を発見したところ、車から警官に向かって銃で発砲。
その車を追いかける間、警官に向かって何度も発砲。
警官も銃を使い、容疑者逮捕。怪我をした容疑者は病院に運ばれ、飲酒運転だったドライバーも拘束されたそうです。

警官がけがをしたとは書かれてないので大丈夫だったんだと思いますが、これいきなり銃で撃たれたりしたら恐ろしいですよね。



そしてこちらは、兵役中の兵士は週末の休暇はまっすぐ家に帰り、普通の服に着替えるようにと指示があった模様。
他にも暗闇で一人で迷彩服で出かけないようにと。

その理由は少し前にトゥルクで起きたナイフで切るつけ2人が死亡、多数の怪我人がでたテロ事件の犯人が、最初は兵士を狙う予定だったことからのようです。
最近ヨーロッパで起きているテロでも、警官とか、兵士が狙われることがあるので、注意が必要ということでしょうね。
家の息子は軍隊から市民サービスに変更したので、ほっというところ。

そういえば息子がちょこっといってた軍隊の場所に、無期限休暇に入るフィンランドの超人気アイドルのRobinが行く予定だそうです。いくら有名人だとはいえ、特別扱いはないと思うので、同じ部署に同じ時期に入ればRobinと友達になれちゃうかもしれないねぇ~と思ったり。



スポンサーサイト

[Edit]

TVアニメの「楽しいムーミン一家」でフィンランドではそぐわないと未公開だった3話を公開に!

フィンランドでも日本のTVアニメの「楽しいムーミン一家」が公開されていましたが、なんと104話あるうちの中から暴力的だったり、怖かったり、仲間外れの内容が含まれ、子供がみるのにそぐわないとされた3話を放送してなかったそうです。
その公開されてなかった3話は原作者のトーべ・ヤンソンの原作にはなかった話だそうです。




未公開だったのはフィン語のタイトルを直訳して日本のタイトルを探してみたらどうやら「「ムーミン海賊と闘う」、「枯れ木の中の声」_、「ミイのやけくそ誕生日」だったようです。

これまではフィンランドの国営放送Yleで放送されてきましたが、フィンランドの民放MTVに放送が移動され、リマスターされた「楽しいムーミン一家」が放送になるようです。
今回未公開の3話が放送になるとはいえ、「ムーミン海賊と闘う」の中の一部場面はカットされているとのことで、年齢が上、または両親と一緒に観るなどの条件付きで別に選択して見れるようです。

こちらの記事によるとこの「楽しいムーミン一家」がYleで公開される時、ミィの元祖声優さんだったエリナ・サロさんは当時こういうコメントをされたいたようです。
「日本人は自分たちの侍の刀を柔らかいムーミンのお腹に埋めた。それはムーミンに全くそぐわないので、未公開になったことをうれしく思う。」と。

なぜにそこで侍の刀がでてくるんだよ~!と突っ込みたくなりましたが(笑)
怖いシーンがあって、夜寝る時になって思い出して怖くなり寝れなくなっても困りますが、アニメにしても国によってとらえ方は色々ですね。
この「楽しいムーミン一家」息子が小さい頃ビデオにまで録画して、あきるぐらい何度も一緒に観ましたが、未公開のがあったといわれると、なんとなく見てみたくなるもんですね。

[Edit]

フィンランドのトゥルクで起きたテロ事件まとめてみました

8月18日金曜日、フィンランド西部の都市トゥルクで起きたテロ事件今わかってることをあらためてまとめてみます。

8月18日(金)16:02分、トゥルクのカウッパトリ(マーケット市場)で若い男性がナイフで2人を刺したと通報が入り、近くにいたパトカーが現場に向かう間に、容疑者は場所を移動しながら次々と人を襲い、通報から3分後の16:05分現場に警官が到着。
警官の指示をきかなかったため警官が容疑者の下半身に向けて発砲。足にあたり容疑者を拘束、怪我をした容疑者は病院へ運ばれる。
この容疑者は10人を襲い、2人が死亡。6人が病院に運ばれる怪我。
襲われた10人のうち8人が女性。2人の男性は止めに入って襲われたとのことで、容疑者は女性を狙ったとみられます。
被害者の中にはフィンランド人の他にイタリア人1人、スウェーデン人1人、英国人1人。被害者の年齢は15歳から67歳。
3人が集中治療を受けていることが報じられましたが、そのうちの一人が容疑者の男性。

その容疑者は18歳のモロッコの国籍を持つ男性。昨年難民としてフィンランドに入国、難民申告をし、難民収容センターに在住。
一部の報道では滞在許可がおりなかったとも伝えられていますが、このことについて警察はノーコメント。最初は殺人事件として捜査していましたが、事件当日の夜にテロ事件に切り替えられました。

テロ実行犯の容疑者の他4人のモロッコ人を拘束、1人を国際指名手配に。
拘束されたモロッコ人たちが事件に関与しているかどうかは今のところわかっていませんが、警察の取り調べに協力的だとのこと。

被害者についての詳しい報道はあまりされてないようですが、目撃者の証言によく出てきてたのがベビーカーにのせた子供といた女性。何度も刺され、地面に倒れて血を流していたという目撃者証言を何件か読んでいたので、てっきりこの女性は亡くなった一人なのかと思っていたのですが(すいません)、今日の記事によると助かったそうであります。



被害にあった中にイタリア人が1人いたのですが、この子供と一緒にいたのがそのイタリア人だったそうです。
こちらの記事によると34歳のイタリア人で、大学で研究をしているそうです。ご主人も研究を仕事にしているそうで、2年ほどフィンランドに在住しているそう。6か月の娘さんの洗礼式でイタリアに一時帰省して、1週間ほど前にフィンランドに戻ってきていたそうで、事件当日、ご主人は仕事中だったそう。
けがは重症ではなかったそうで、ほんとによかったですね。

しかしこういう事件があると、難民や移民に対する風当たりが強くなるのが心配であります。
もうすでにFBなどのコメント欄みると、今回の事件の怒りを難民や移民にあててる複雑な気分になるものがたくさん目につきます。
これまで、声には出さなかったけど、難民や移民をよく思ってなかった人たちがそれ見ろ!といった感じで意見を吐き出してるようにも見えます。
もちろんそれを指摘する人もいますが、反対にたたかれたり。
FBの町内のグループでは以前から特定の人たちに対するレイシスト的なコメントを見かけてはいたのですが、今回の事件でもう爆発。それを指摘した人がいたのですが、そんなに気になるならグループから抜けろよ。バイバイ!みたいなコメントも。
中には、少し前にヘルシンキで起こったフィンランド人が運転する車が歩行者に突っ込み死傷者が出た事件を挙げる人がいましたが、あれは頭のおかしい奴が酒飲んでやったことで今回の事件とは質が違うというような返信が入ってたり。

容疑者が入院している病院には、容疑者を刺し殺してやるという強迫がいくつか届き、病院の警備も強めたそうであります。
そうでなくても警察は忙しいと思うのに、、、


こういう怒りをSNSであらわにするのはテロリストがまさに願っていることで、落ち着く必要があると書いた記者には、何ナイーヴなこと言ってるんだよ。こいつ!みたいなコメントや、笑う顔マークがついてたり。。。

もちろん怒りはわかるんですが、それを関係ない難民や移民に向けると、そこからまた対立が起こったりして、相手を過激化させることもあるんじゃないかと思ったりです。
フィンランドに住んでいる以上自分も移民の一人なので、そういういろんなコメントを目にするとかなり複雑な心境になります。

テロトゥルクで起きたってことは、ヘルシンキで起きることも充分ありえそうです。
直前に起こったスペインのバルセロナで車が人込みに突っ込むテロ事件も容疑者はモロッコ人ということで、関連がある可能性もあるものの、そのバルセロナテロ事件に彷彿され、今回のテロ事件を犯した可能性もあるという研究者の話も読みました。

6月には岩の教会で知られるヘルシンキのテンペリアウキオ教会に車で突っ込むテロが計画情報があったことから、その教会の前には車の進行を妨げるコンクリートバリアが置かれ、それは今でも置かれているそうです。(写真はこちらの記事を。)

こればっかりはいつどこで起こるかわからないし、どう気を付けたらいいのかもわからないし、起こらないことを祈ることしかできません。

目撃者証言など、詳しく知りたかったらこちらにアップしてあります。
「トゥルクでナイフで無差別に人が刺される事件が、、、

[Edit]

トゥルクでナイフで無差別に人が刺される事件が、、、

昨日スペインのバルセロナでライトバンが人込みに突っ込むテロ事件があったばかりですが、今日午後4時過ぎ頃フィンランドトゥルクの中心部で外国人とみられる男性が無差別にナイフで次々に人を刺していく事件が発生!



今の情報では一人が死亡、けが人多数のよう。

容疑者は警官が撃ち、拘束したようですが、他にも容疑者がいないかと探しているそうです。

この事件を受け、ヘルシンキ警察も直ちに警戒レベルを上げ、駅や港、ヴァンター空港でも警戒を強化したそうです。

こちらの記事によるとどうやら犯人は一人ではなかったみたいな、、、

昨日のバルセロナのテロ事件を受けてフィンランドの警戒レベルは上げる必要はないといっていたのですが、
もしかしたらこのトゥルク事件テロの可能性もありかと、、、

19時より警察の記者会見があるそうなので、詳しいことはあとで加えます。


19時に行われた警察の記者会見では、病院で一人亡くなり死者2人、けが人6人でうち3人が手術、集中治療中だそうです。
容疑者も警官に足を撃たれ病院に入院中。
容疑者は100%とは言えないけど、一人での犯行に思えるそうで、外国人に見える男性とだけで、まだ身元確認中でした。

目撃者の話もでてたりするのですが、


スウェーデンのストックホルムからホリディでトゥルクに来ていた男性、女友達と歩いていたら女性の悲鳴をきき、地面に倒れてる女性を男性がナイフで刺しているのをみて、助けに入り、他の人が救急蘇生を試みている間、その女性の首の血を止めようとしていたら自分の女友達が襲われようとしたので、間に入ったら2度刺され、また倒れていた女性の血を止めに戻ったら、その女性は自分の腕の中で息を引き取り、犯人にまた2度刺されたそうで、右手をひどくやられ神経が損傷を受けているそうで、右手をすくうことができるかどうかわからないそうであります。😢

こちらに目撃者の証言がいくつか載っています。

・道の反対側の停留所で待っていたら、助けを求める女性の叫び声が聞こえ、ナイフで何度も刺されている女性を最初に助けに来た人も刺されたと。

・マーケット市場で売っていた2人は、すぐ前に男性が走ってきて、ベビーカーを押していた女性に刃物で襲いかかり、逃げた犯人を2人は「ナイフに気をつけろ!」と叫びながら追っかけたものの、何が起きてるのかピンとこなかった人も多かったようで、
次に犯人は別の女性の髪をつかみまた刺したそうです。そこへ警官が来てとらえたそうです。

・仕事の帰りに現場近くを通りかかった男性は、叫び声がして、ナイフを持った男性がベビーカーを押していた女性に襲いかかり4,5回刺した。そのあとまた誰かを刺し、右に曲がったとこでさらに一人か二人刺したそうです。

こちらにも目撃者の話が。
・マーケット市場でジャガイモ売ってる人と話をしていたら、人がパニックになって逃げてるので、自分も横のほうに逃げたら、大きな叫び声が聞こえ、6か月ぐらいの子供をベビーカーにのせた女性が地面に倒れ顔に血がいっぱいついていたと。
その後でマーケット広場のコーヒーショップの角に座りシャツを着てない男性の肩から血が流れていたと。

こちらにも目撃者の話が、、、
・マーケット市場にいたら、人々が叫び声をあげて逃げて、一人の男性が走っているのをみた。男性が止まったのをみた。40mぐらい先に女性と子供がいた。男性の手が上がったと思ったら女性が地面に倒れ込んだ。
そのあと犯人は自分のいるほうに向かってきた。それを止めようと10-15人ぐらいが追いかけてくる。一人は手に椅子を持っていた。追いかけてる人すべて外国人に見えた。そして信号のところで女性が襲われた。
その後自分も追いかける集団に加わった。パトカーを見かけたので、方向を示して追いかけるのをやめたとのこと。

・マーケット市場で買い物をしていたら反対側から叫び声が聞こえ逃げろといわれた。そのあとナイフを持った男性が目に入り、皆といっしょににげた。そのあとで、被害者を助けに行き、救急車を呼んだ。被害者は座っていて意識はあったがかなりの血が流れていた。

事件現場から20mほど離れたマーケット市場のテラスにいた。するとものすごい叫び声が聞こえ、ナイフを手に持った男性が目に入った。ナイフが空中を切り、なにかを襲ったことが分かった。バーの中に避難するよう言われ、入ったら一緒に入ってきた女性が泣きながらマーケット市場で誰かの喉が切られてたと話していた。犯人は逃げ警官がきた。救急隊員が救急蘇生をしているのが見えた。バーから出た時、死体を入れる袋がみえた。

・マーケット市場のそばで道を渡ろうとしてたら道の反対側に女性が倒れていて、その隣に膝をついてる男性が目に入った。殴っているのかと思ったら刺していた。何度も女性の首を刺していた。そのうち男性は逃げ、その女性助けるために人が集まってきた。女性からは大量に血が流れていた。

こちらに救急車に運ばれる容疑者の写真が載っています。

新しい情報がわかったら、また付け加えます。

【追加】
一晩明けて8月19日午前9時30分現在見かけた情報です。



上記記事やこちらYleの記事による今わかっている事件の経過です。

8月18日(金)16:02分、トゥルクのカウッパトリ(マーケット市場)で若い男性が2人を刺した。2人目の被害者は最初の被害者を助けに入った人だと通報が入る。

容疑者はマーケット市場からKauppiaskatuストリートを通って右に曲がりMaariankatuにで、交差点で左のPuutorに曲がり、そこで複数を刺した。(目撃者情報による)

通報があってから3分後の16:05分警官は容疑者を見つけ発砲。容疑者の足にあたり容疑者を拘束。容疑者は病院で手当をうけていて、まだ事情徴収ができてない段階だそうです。

被害にあったのは10人。
病院に運ばれたのは8人。
今のところ2人が死亡。
3人が危篤状態だそうです。
(一人は容疑者という情報も)

容疑者の身元はまだ公開はされてないようですが、警察は身元確認ができているようです。
夜の間に容疑者と関係のある何人かが拘束されたようですが、今回の事件とかかわりがあるかどうかは取り調べ中とのこと。

ここに別の目撃者の話が載っています。

・仕事の後マーケット市場にジャガイモを買いに行ったら、叫び声が聞こえ人がばーっと走っているのが目にはいった。
銃を持った人がいるのか?と思い、じゃがいも売ってた人のライトバンの後ろに隠れた。聞こえるのは人の叫び声ばかりで、イスラムの神をたたえる叫び声などはきかなかった。
車の後ろから大きな叫び声をあげた子供と一緒の女性を見かけた。その女性の上半身には血が流れていた。
マーケット市場から多数の人が走り出した。誰が誰を追っかけているのか、一人、または2人を追っかけているのかはわからなかった。

・マーケット市場でセカンドハンドのお店を出していて、そろそろ引き上げようとお店をたたみ帰る前にライトバンの後ろでタバコを吸っていたら、いきなりものすごい叫び声が聞こえ、何人かの女性が車の横を走り去っていった。
何が起こったのか見に出たら、男性が女性をナイフで襲っているとこで、少なくても3回は刺した。
その容疑者の後を3,4人の男性が追っかけた。一部はマーケット市場に売りに来てた人だった。
被害にあった女性に近づくと、周りに人だかりがしていて、救急蘇生を行っていた。一人は医者のように思えた。
被害者の隣にベビーカーに座っている小さな女の子に気がついた。被害者の子供だと聞き、そばにいた別の女性がベビーカーに置かれてあったケイタイを見つけ、家族に連絡がつかないかと登録されている番号を調べた。15分ほどかかって、被害者の友達と連絡がつき、被害者のご主人に連絡するよう伝えた。
女性の心臓は停まっていたように見え、蘇生が行われていた。その15分の間に救急車は来なかった。そのちょっと後に救急車が来て女性は病院に運ばれた。
10分ぐらいあとに被害者のご主人がやってきて、とてもショックを受けていた。自分が抱っこしていた女の子を抱っこして、英語でただただ妻はどこだ?と聞いていた。

そしてこの下記記事にある目撃者のFBポストは実際にシェアされてるのを見かけました。


バスからマーケット市場に降りたら人々の叫び声が聞こえた。
男性がナイフで女性を切り付けているのをみて、何が起こっているのかがわかった。女性の首や上半身を4,5回刺していた。
多数がこの容疑者の後を追っかけたが、その道中にも2,3人が被害にあった。
この時気がついたのは、容疑者を追っかけていたのは外国人ばかりで、フィンランド人はケイタイをとりだしていただけだった。

まだ動機などはわかってませんが、こういう事件があって、犯人が移民だった場合、移民に対する風当たりが強くなりそうで、フィンランドでは自分も移民の一人なので、ちょっと不安。
今回の場合は、アンオフィシャル情報読んだりしてると容疑者が中近東出身ではないかと思われるので、アジア出身者に怒りがぶつけられるかどうかはわからないにしても移民皆をよく思わない人も増えそうかも、、、。
早速FBで参加してるコミュニティで、移民に怒りがとまらないというコメントを見かけました。
それにたいしては落ち着けというコメントが入ってましたが、少なくても中近東出身者には風当たりが強くなるような気がします。

この町内で今月末中近東から20人の難民を引き取るニュースが流れ、ボランティアが家電用品や家具などの寄付を求めていたら、なぜ難民を優先するんだ。まずは低所得の自国のフィンランド人を優先するべきだというコメントもでてました。
今回の容疑者が難民なのかどうかはまだわかりませんが、難民や移民への風当たりが強くならないことを祈っておきます。
フィンランド人にはアジア人の区別は難しいようで、よくタイ人や中国人に間違えられます。
1度ベトナム難民に間違えられたんかな、、、というようなこともありました。

本日14時より警察の記者会見があるそうなので、容疑者の身元など詳しいことがわかるかもしれません。
続報またお伝えします。

その後の【最新情報】です。



今回の事件の容疑者はモロッコ国籍の18歳の男性だということが発表になりました。
さらにこの事件をテロとして調査中だそうです。

亡くなった2人はフィンランド人。
けがをした中にはイタリア人1人、スウェーデン人2人がいるそうです。
今現在集中治療中なのは3人で、そのうち一人は容疑者とのことです。

【追加】
8月19日14時に行われた警察の記者会見情報です。(こちらこちら

今回の事件の容疑者はモロッコ国籍の18歳の男性で、フィンランドで昨年難民申請をしていて難民収容所に住んでいたということで、滞在許可はでたのか?には返答していませんが、メディアが収取した情報(オフィシャルではありません)によると滞在許可が出なかったとのこと。

容疑者の他にモロッコ国籍の4人が拘束され、フィンランドに今いないもう一人を国際指名手配したそうです。
拘束された4人が難民申請をしているかどうかはノーコメント。

被害者のうち死亡した2人はフィンランド人女性。
けが人8人にはイタリア人1人、スウェーデン人1人、イギリス人1人(前情報ではスウェーデン人2人を修正)。
被害者の年齢は15歳から67歳。
6人が女性で男性2人。けがをした男性は被害者を助けに行った人で、容疑者は女性を狙ったように思えます。

この記者会見での新しめの情報は以上です。



[Edit]

フィンランドの国営放送局Yleの番組が作ったフィンランドなまりの日本語でしゃべる地方選挙の投票を呼びかけるアニメが笑える!

本日4月9日はフィンランド地方選挙の日です。
この地方選挙の投票を呼びかけるアニメフィンランドの国営放送局YleのKioskiという番組が作っていたのですが、これが笑える!
このアニメなぜか日本語でしゃべってる。しかもものすごいフィンランドなまりの日本語

まずは見てみてください。こちらです。



正直なところ政治家の顔と名前あまり知らないのですが、このアニメに出てくる中で2人はわかります。
・・・が、あまり似てないような。。。

こちらはSipilä首相 !

Yle2 Kioski Sipila

実物はもっと顔が丸い、、、

Sipilä

こちらの真ん中の男性は真のフィンランド人党のTimo Soini。

Yle2 Kioski Soini

実物、、、

Timo Soini

うぅぅん、、、どうでありましょうか?
かなり美化されてるように思うのは私だけ?

そして果たしてこの映像みて、選挙に行こう!と思う人が増えるのでありましょうか?その点はわかりません。

先日ヘルシンキに出たときにはKamppiの広場Narinkkatoriで皆さん選挙運動をしてました。

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動

コーヒーとかキャンディとか置かれてたりしましたが、変わったとこでは綿菓子とかポップコーンなんてのもありました。

ヘルシンキ Kamppi Narinkkatori 選挙運動 ポップコーン

この地方選挙は外国人の私にも選挙権があるので、ちょうど行ってる職場のある町役場の建物の中に前投票場所ができていたので、そこですでに投票済ませてきました。
結果はいかに?

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR