[Edit]

イベント会場の横にマット洗い場があった!

6月初めにヴァンターでShiraz Laneというフィンランドの活きのいい若手ロックバンドが出演する無料ライブがあったので、観に行ってきました。
到着した時には気がつかなかったんですが、帰ろうとしたら、、、あ、こんなとこにこれが、、、

フィンランド マット 洗い場

マットとかじゅうたんの洗い場。
よく見ると横に小さな川が通ってました。
水を川から引いているんだと思います。

フィンランド マット 洗い場

台の上にマットを置き、上下にずらすことができます。
右側のホースからも水がでるのと、台の上に横に設置されている管にも穴が開いていて水が出てくるんだと思います。

洗い終わったマットは横の木の柵にかけられるのではないかと思います。
ただ気を付けないと、干したまま乾くまでとその場を離れると、盗まれることもあるようです。

町内にも、湖に流れる川の下流の横に洗い場がありますが、水含んだマットやじゅうたんってものすごく重くなり、私には重すぎててにおえない感じなので、これをするフィンランド女性って力持ちだな…と思います。

ただこれって川の水を利用するので、あまりきれいにならないんじゃないか?って思うのは日本人的な考え方なんでしょうかねぇ?
川にはいろんなものが流れてきてるはずで、花粉とかぜったい混ざってるし、マット洗って乾いたら花粉が表面についてないんだろうか?とか思ってしまう私が神経質すぎるのかなぁ?

このマット洗いに使うのがMäntysuopaという松オイルから作った石鹸。
自然にやさしい石鹸なんだと思うけど、川や湖の水が汚れないのか?とか、湖の水はあまり動かないから、マット洗った水がまざった湖で育った魚はあまり食べたくないな・・・とか(笑)、考え出すときりがない感じ。

日本だったらクリーニングに持っていけばいいですが、フィンランドの田舎にはクリーニング店などありません。
洋服にしても自分で洗うしかないので、ケミカルウォッシュの服は買えません。

うちではバスルームで洗ってみたこともあるけど、外に干しに持っていくのが大変なのと、物干しにかけるのが重くて重くてものすごく大変なので、蒸気モップってのかな?蒸気で洗浄ってのをやってみたり。
まぁでも毎年洗う必要もないかな・・・とさぼってます。

マット洗いで思い出すのは、何年か前になるけど、儀弟の奥さんから、義両親宅のマット、前の年は彼女があらったからその年は私に洗えと。ムるま野免許がないから洗い場まで持っていけないし、無理だといったら、猫車があるじゃない。それでもって行けばできるわよと、、、
町のマット洗い場まで歩くと片道約1時間。猫車押しながらだともっとかかります。
義母は床が傷むからと床にマットを敷き詰めてるのですが、洗うと重くなるので一度に持っていける枚数は限られてる。
マットを洗う日は晴天の日。というわけで、晴天の中、猫車を押しながら片道1時間以上歩いて持っていき、持って帰りを何往復か、、、
それって罰ゲームのようにさえ思うんですが💦、そんなことやれって提案すること自体信じられません。はぁ、、、
まずは自分でやってみてよといいたい。

ということで、彼女とはなるべく距離を置いておくようにしています。

さて、この日観に行ったバンドはこのバンド!
ロック好きな人はチェックしてみてね。



ライブ会場に着いたとこで、偶然メンバー目の前に現れ、少し話してまたライブ後にってバックステージに入っていったのですが、ライブ後はちゃんとステージ横に出てきてファンサービスしてました。
このあたりはフィンランドのバンドの良いとこだと思います。

[Edit]

この夏も平べったい桃が登場!

昨日朝ざざっとにわか雨が降ったもののすぐ乾き、相変わらず乾燥した天気が続いています。

スーパーに行くと夏登場するフルーツもあります。
国産ではなく輸入ものですが、、、

わりと近年登場したのがこれ!平べったい桃

フィンランド Persikka 平べったい桃

これが登場するまでこちらで夏に売られていたのは中が黄色の小ぶりのピーチ。
フィンランドで売られてる桃の缶詰は黄色のピーチです。

この平べったい桃、どんなんだろうなぁ~と以前安売りの時に試しに買ってみたら、なんと日本の白桃っぽい味がして、やったぁ!
最初に購入した時、ちょうどいい具合に熟れてておいしかったので、そのあとまた購入してみると固い、、、
食べてみるとやっぱり固いとおいしくない。
バナナと置いとけば早く熟れるかな・・・とおいてみたところ、これが熟れ具合を見極めるのが難しい。
もともと早い時期、完熟の前に採って国外から送られてくるので、やっぱり鮮度が落ちるのが残念。
バナナとおいて熟してみても鮮度がやっぱりいまいち、、、

今年初めての平べったい桃、一番売れてそうなのを選んで買い、一番柔らかいのを食べてみたけど、完熟ではなかった。がっかり。バナナとおいて熟してみたものの、切ったら種まで割れて中がくされてたとか😢、、、日がたってしなれた感じで、あぁぁぁぁぁいまいちでした。

さてこの夏の間に美味しいのにあたるかなぁ、、、

日本のフルーツは値段高いけど、味の保証がある気がしますが、
(実際に実家で葡萄生産してますが、出荷前には糖度をはかります。)
フィンランドで売られてるフルーツは輸入物がほとんどなので、熟れる前に収穫してて運ばれてくる途中に熟れたりで、おいしいのにあたることもあるけど、熟れてなくハズレもけっこう多い。💦

高くてもおいしいのか、当たりはずれはあっても安いのがいいか?
う~~~ん、難しい選択、、、
まぁでもフィンランドに住んでたら選択方法は後の方しかないように思うので、おいしいフルーツを見分ける目が必要かと思います。

今日職場でランチの時、葡萄は食べ過ぎるとよくないという話をする人がいて、😲。
葡萄生産農家で育った私としては、いやそんなことはない。いくらでも食べて大丈夫といったのだけど、フィンランドで売られてる葡萄は軸が緑色から茶色に変色してあまり新鮮ではないので、食べ過ぎないほうがいいのかな。
まぁ日本の実家の葡萄の味を知ってると、比べ物にならないので、たまにセール価格の時買ってはみるけど、一度にたくさん食べようとは思いませんね。しなびれたような味のずいぶんなハズレもあります。

ベリーを期待したいです。

[Edit]

今年は早い?ブルーベリーとコケモモの花もう咲いてた!

フィンランドの夏で何がいいか?といわれたら、白夜とベリー!
北に位置するのでフルーツ類はこぶりのりんごぐらいしかほとんど国産のものがありません。
そのかわりベリーは豊富です。
庭に植えてるのもありますが、自然の中でも摘むことができます。

これは6月初めに撮った写真ですが、こちらはブルーベリー
もうすでにが咲いてました。

フィンランド ブルーベリー花 Mustikka kukka

側にコケモモもはえていて、やっぱりが咲いてました。

フィンランド コケモモ 花 Puolukka kukka

今年は6月初めまでが夏のような天気だったので、例年より早くが咲いてたように思います。

ただ先週から急に寒くなったのであります。極端すぎ。(笑)
朝方気温が0℃近くまで下がった日もあり、ベリーがなるのに影響があったかもしれません。

森のブルーベリービルベリーといわれ栄養価が高いってきくので、たくさん実がなってくれるといいな~。
ただ森のブルーベリーは低いので摘むのが腰に来ます。
おまけに蜘蛛の巣が張ってたり、蚊がぶんぶんよってきたりと摘むのはけっこう大変だったりします。
でも自分で摘めばただ!これは魅力的かも。

[Edit]

車炎上🔥

先週の日曜日ヘルシンキ経由でヴァンターであった無料イベントにライブを観に行く途中にであった光景!

バスが停まったので、ん???と前を見てみると、なんと、、、

フィンランド 車炎上

ぎゃ------っ!車から炎🔥がでてる‼‼‼‼‼

後ろに車が何台か停まってて、立ち話をしてる人が、、、
運転手さんが立ち話をしてる人に声かけたら、消防車を待ってるようでした。
怪我した人はいなかったようで、バスはゆっくり横を通り抜けました。

フィンランド 車炎上

車の前方からかなり🔥が燃え上がり煙が出てました。

帰りは会場まで迎えに来てもらったので、この道を通らなかったのですが、息子が後でこの道を通ったら真っ黒に全焼した車が道端にあったといってたので、全焼したみたいでした。

原因はわからないけど、恐ろしいですね。

[Edit]

フィンランドで長距離バスに乗ってるときトイレに行きたくなったら?

  • 2018-06-08│
鉄道の通ってないとこに住んでるもので、ヘルシンキにでるにはいつもバスを利用しています。
夜の便がなくなったとはいえ、平日の日中はたいてい1時間ごとにあります。週末は減ってた💦

小さい道を通るローカルバスも何本かあるものの、メインはポリからやってくる長距離バスになります。

オン二バスという格安バスがこの町内に停まり始めてヘルシンキまでのバス代が17ユーロから10ユーロと安くなったのは嬉しいですが、きっとそのせいで乗客が少なかった夜の便をやめてしまったんではないかと思います。

この町内とおるポリ‐ヘルシンキのバスは片道4時間かかります。
ということで、路線バスでも長距離バスにはトイレがついてます。

どこにあるかというと、ドアが前と中ほどにあって、中ほどのドアから降りる階段の横にたいていついてます。

フィンランド 長距離バス トイレ

ただ狭いし、揺れるので、できれば目的地に着いてから行きたいです。
でも急に行きたくなったらトイレがあると安心。
格安バスのオンニバスは1度往復に利用したことがあるだけで、うろ覚えですが、座席が1階と2階にあってトイレは1階の後ろ側にあったような気がします。

普通の長距離バスは大きな荷物は座席の下に荷物収容のスペースがあり、外から乗る前に入れます。
降りる時は荷物がある旨運転手さんに告げると、荷物スペースのドアを外からあけて出してくれます。
告げるのを忘れないようにしないといけません。
ふと思うのは、同じようなスーツケースに入れていた場合、誰かが間違えて持っていくんじゃないかと思うことも、、、
チェックしたければ、進行方向に向かって右側に座れば見えます。

ヘルシンキなど最終地についたら、運転手さんがバスから降り、大きな荷物を降ろしてくれるので自分のを持っていけばいいことになります。

そして長距離バスの天井にはUSB差込口がついてるバスもあります。
こちらを 「バスの天井にUSB差込口が!」

なのでスマホやノートパソコンなどの充電ができます。
さらに長距離バスには無料のWifiがついてることも普通なのでネットも使用できて便利かと思います。

バスのチケットもネットで買えば安売りのもあったりです。事前に購入する必要があります。
バスのチケットはこちらMatkahuolto (英語のページあり)で購入できます。
格安バスのOnnibusはサイトが違いこちらから。

ネットで購入の場合、乗る距離は同じでも時間帯によって料金が違ったりもします。
Onnibusもそうですが、事前に早く買った方が安いように思います。

ということで快適なバスの旅を!


プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR