FC2ブログ

[Edit]

朝起きたら外は冬に逆戻りしてた❄❄❄

今年のイースター休暇も終わり(特に何もしてないですが、、、💦)最近晴れの日も多くなり、庭の雪もだいぶ溶けてきてました。
目がかゆかったりくしゃみが出たりで、花粉も飛んでると思われます。
やっと春が来た!と自転車も出して、これで職場への行きかえりが楽になる~と喜んでましたが、あまかった!
今朝起きたら、ひぃーーーー!外は真っ白!❄❄❄

フィンランド 雪景色 4月 冬が戻ってきた Takatalvi

フィンランド 雪景色 4月 冬が戻ってきた Takatalvi

考えてみたらまだ4月初めですもんね。珍しくはないかと。
ちなみに冬に逆戻りのことをフィンランド語でTakatalvi (タカタルヴィ)と言います。

冬のウインタータイヤは3月31日までという記事を見かけたのですが、そのあと夏用のタイヤに取り換えるのはまだ早いという記事も見かけ、昨日だんなが息子の車のタイヤを夏用に取り換えようとしてたんだけど、もうちょっとまったほうがいいんじゃない?って言って、取り換えなくてよかった!
今日のニュースでは夏用のタイヤで走行中の車がスリップして対抗車線に飛び出てしまい、救急車と衝突し3人がけがという記事を見かけました。

関係ないけどニュースで思い出したことが、、、。
先週末トゥルクで殺人事件があり、2人が死亡、1人が重症。
死亡した1人と、重症者は容疑者とは面識がなく、たまたまいたために殺害されてしまったようです。
死亡した2人は銃で、重症おった人は刃物で刺されたようです。



フィンランドって人口少ないけど、殺人事件ってちょくちょく目にするんですよね。
で、調べてみたらこちらの記事によると、去年殺人または殺人未遂で届け出があったのは489件で、実際に亡くなったのは90人だそうです。

ちなみにこちらの記事によると、去年1年間(Koko vuosi)に交通事故で亡くなったのは221人だそうです。

というわけで、殺人未遂も入れると交通事故でなくなる人より数が多いことになってしまいます。
フィンランドというと銃乱射事件などの無差別な大きな事件も何度かありましたが、よく聞くのは別れ話のもつれとか、ドラック関係。
とてもひどい幼児虐待事件もありました。
今年初めには長い間いじめを受けていた16歳の少年が、同じく16歳の3人によって殺されてしまった事件もありました。
そういう事件きくたびに、何とかできなかったのかなぁ。。。と悲しくなってしまいますね。
まぁこういう事件はどこの国でもあるものですね。

さてイースターということで、似合いそうな黄色の花の写真(スーパーで撮ったものですが😁)撮ってたので、イースター終わったけど一応のっけておきます。

フィンランド 花束 黄色 Kukkakimppu

フィンランド 花束 黄色 Kukkakimppu

フィンランド 花束 ピンク 黄色 Kukkakimppu

フィンランドはイースター明けの平日で月曜日な感じがしますが、火曜日ですね。
Hyvää alkuviikkoa!
スポンサーサイト



[Edit]

2021年度のマタニティボックスが発表になった!

フィンランドでは出産を控えている妊婦さんに、新生児の必需品が詰まったマタニティボックスが無料支給されます。
今年2021年度のマタニティボックスが発表になりました。

フィンランド Äitiyspakkaus マタニティボックス 2021
(写真: フィンランドのKelaより)

全部で50品が詰まっている今年のマタニティボックスの中身はこちら。



こちらフィンランドの社会保険機構 Kelaのページにも詳しく掲載されています。

このマタニティボックスか、現金かのどちらかが選べて、現金だと今年は170€だそうです。

もし双子だと、2人目は2箱、3つ子だと、3人目は3箱支給されるそうで、例えば双子だと全部で3箱、3つ子だと6箱もらえるそうです。その場合一部を現金にすることも可能だそうです。
たとえば双子だとマタニティボックスを2箱と1箱分は現金で受け取ることもできるそうです。

双子より多い場合は別として、現金でもらうより、このボックスでもらったほうが断然役に立つと思います。
もうはるか昔のことですが、うちもマタニティボックスでもらいました。
このボックスの箱はベッドにもなるすぐれ物です。
とはいえ、あまりこの箱をベッドにつかったことはないですが😅

昔書いた記事を探してみたら2件ありました。

2019年 「出産を控えた妊婦さんに無料で配布される今年のマタニティボックス公開!
2017年 「フィンランドの妊婦に支給されるマタニティボックス今年の中身

このマタニティボックスが切手になったこともあったんですね。
昔の記事探してて見かけました。

マタニティボックスが切手に!

このマタニティボックスのお世話になった息子2人とももう成人で、時のたつのは早いもんですね。
息子たちが赤ちゃんの頃は、ネットなどない時代で、情報もネットで得ることもできず、ソーシャルネットワークもないし、国際電話は高すぎてめったにできないし、話し相手もいず、ただひたすら育児と家事に専念でもうかなり疲れ切ってましたが、今となってはそれも思い出です😊
今は大変でも後になって振り返ると、そういう時もあったなって思える時がきっと来ると思います。
今育児真っ最中の方頑張ってくださいね。

[Edit]

もうしまっていいかな。靴底につけるすべり止め!

ここのところ+気温が続いて積もってた雪がどんどんとけてきてます。
サマータイムにもなって日が一気に長くなった感じもします。

これはに撮った写真ですが、動物が氷の上に薄ーく積もった雪でつるんと足が滑った後😆

フィンランド 氷 冬 動物の足跡 ツルン

私もこの、義両親宅の庭で、氷の上に薄く積もった雪で下の状態がわからず、つるんと滑ってしまいました。
近くだからと油断したのもよくなかったですね。

というわけで、そのあとはこれを出しました。

フィンランド 冬 靴に取り付けるすべり止め

靴の裏につけるすべり止め
上から見るとこんな感じでちょっと見かけは変でありますが、確かに滑り止めにはなります。

フィンランド 冬 靴に取り付けるすべり止め

ただ少しツルンといきかけて止まったりもあり、これを付けているからといって決して油断はできませんが。

そしてこれつけて室内を歩くとスパイクの音がカチカチするので、職場についたら外したりしてましたが、結構めんどくさい。
スーパーでは少しの間だし、ごめんなさいねと思いながらカチカチ歩いてましたが、、、😅

今年のももうこのすべり止めとはおさらばの時期が来たようです。👋

とはいえ待ちに待った春が来ると、今度は花粉に悩まされることになるんですが、
でももう雪はうんざりです!

早く夏が来ないかな?って思ってたらあっという間にやってきて、あっという間に通り過ぎて、また暗い秋がやってきてそこからが長いんですけどね😆

ここ数日コロナ感染者数がほんの少し少ないんですよね。
ただ週の中で多いのが水曜と木曜な気がするので、明日、あさってがそれほど多くなければ3週間前に出たコロナ制限が少し効果あったってことかも。

ただ心配なのはヘルシンキでは南アフリカ異変種の割合が増えてきているみたい。



Astra Zenecaのワクチン効果が薄いという話は耳にしますが、Pfizerのワクチンを2度接種した人も感染した例があるってことで、ワクチン接種しても安心はできないような。
私が1回目のワクチン接種を受けたのがAstra Zenecaのワクチン接種の後、関係はわからないものの血栓の報告が2件あり、1時このワクチンの使用を止めてましたが、65歳以上の接種を開催するというニュースを読みました。
私みたいに65歳以下で1回目接種した人はどうなるんでしょうかね? 💦
今後の状況を見てみるほかありません。

それからデンマークではこういう予定が組まれているようです。



ライブが恋しいですが、はたしてこの夏はどうなるのやら。。。
フィンランドは反対に早ければ来週から首都圏とトゥルクでコロナ制限が厳しくなり、必要最小限以外での外出が制限されるかも?
もう少し我慢すれば状況がよくなるようであればしょうがないとは思いますけどさてどうなることでしょう。

[Edit]

フィンランドが4年連続で幸福度ランキング世界一位獲得!

フィンランド ヘルシンキ Helsinki かもめ 大聖堂 Tuomiokirkko Lokki

少し前ですが、フィンランドが4年連続で幸福度ランキング世界一位獲得!というニュースが飛び込んできました。
この幸福度ランキングとは、Wikipediaによると

「国際連合の持続可能開発ソリューションネットワークが発行する、幸福度調査のレポートである。この調査における幸福度とは、自分の幸福度が0から10のどの段階にあるかを答える世論調査によって得られた数値の平均値であり、主観的な値である(データはギャラップ社によるもの)。報告においては、この幸福度を、GDPや健康寿命を含む6つの説明変数を用いて回帰分析し、各説明変数の寄与を求めて分析している。

データでは150以上の国や地域を対象としている。それぞれの国の幸福度は0~10の値からなる各個人の回答の数値の平均値である。

説明変数は

1.人口あたりGDP(対数)
2. 社会的支援(ソーシャルサポート、困ったときに頼ることができる親戚や友人がいるか)
3. 健康寿命
4. 人生の選択の自由度(人生で何をするかの選択の自由に満足しているか)
5. 寛容さ・気前の良さ(過去1か月の間にチャリティなどに寄付をしたことがあるか)
6. 腐敗の認識(不満・悲しみ・怒りの少なさ、社会・政府に腐敗が蔓延していないか)

の6つであり、回帰分析で得られるこれらの説明変数の幸福度に対する寄与が与えられている。」

この5月でフィンランドに来て丸々30年になり、いつの間にやら日本にいた年月よりフィンランドで過ごした年月のほうが長くなってきてます。時のたつのは早いものですね。

フィンランド ヘルシンキ Helsinki

この結果を見て、フィンランドはなぜ幸福度が高いのか?という記事をいくつか見かけたのですが、中にはライターさんの描いているフィンランドの理想像で記事を書いてるようなのもあり、いや、それは違うんだけどな、、、
と思う記事も目につきました。 抱いている理想と現実には大きな相違があることも多いかと思います。
またはメディアが報道するのはいい部分だけを切り取っての場合もあるかと思います。

データを取る項目の中で 「人生の選択の自由度」!これはフィンランドはかなり高いかと思います。
幸福の理由の一つに「高学歴の人が多い。」と書かれてる記事がありましたが、高学歴をどうとらえるかの違いはあると思うけど、自分の息子が高校進学となって初めて知ったことは、高校の枠がせまかったこと。
さらに大学の数は少ないようで、大学入学も部門によってはかなり狭き門に思えます。
なので大卒の人はそんなに多くないように思います。

息子たちが通ってた時の話ですが、町内は中学校1校で1学年5クラスありましたが、高校も1校で1学年2クラスしかない。
1クラスの人数も20人前後で中学、高校ともそう変わらなかったと思います。
なので半数以上は中学の後、専門学校とか職業学校に進学となるようです。
高校入試はなく、中学の成績で規定以上あれば高校入学に申し込みができ、その中から選ばれるといった感じでした。
なので、中学の成績が悪いと、高校に行きたくても無理な場合もあります。
なので中学の段階で将来の職業を決めることにもなったりですが、
もちろん将来なりたい職業がはっきりしてれば高校に行かずその専門学校に直接すすむ選択技もあります。
必ずしも高校に行かなければということはありません。
職業学校にも高等職業学校などもあり、そういうとこでさらに勉強することも可能です。
そして早くに職業を決めても、後で他の職業に就きたいと思うこともあるかもしれませんが、
成人向けの職業学校、専門学校も多いので、途中で職を変えることも普通に可能で、そのあたりは自由です。
ただ求職する際、その職にみあった学歴や資格がたいてい必要になると思います。
そのための研修を行っている企業もあったりしますが。

フィンランド ヘルシンキ Helsinki かも

「社会・政府に腐敗」これについてはフィンランドはクリーンだと思います。
ほとんど聞いたことはありません。
去年だったか、その前の年だったか国会議員が活用できるタクシー無料!
これを乱用していた人がメディアで大きく取り上げられたたかれてたことはありました。
収賄などはほとんど聞きません。

なので上記2項目はかなり高得点かと思います。

「寛容さ・気前の良さ(過去1か月の間にチャリティなどに寄付をしたことがあるか)」は
は、TVなどでチャリティコンサートなどが行われればかなりの額が集まるので、する人はすると思いますが、他の国と比べてどうなのかはわかりません。
ただ過去1か月の間にだと、たまたま何か寄付をする機会があればだけど、定期的に毎月寄付してる人はそういないのでは?と思ったり。

「社会的支援(ソーシャルサポート、困ったときに頼ることができる親戚や友人がいるか)」
これはどうなんでしょうね。自分から支援を申し込めば可能な場合は多いのかなとは思います。
ただフィンランド人は個人主義というか、他人を気にかけない人も多いと聞くし、孤独を感じる人は多いと聞きます。
その反面自分より待遇がよかったりの人を嫉妬する人も多いと聞きますが、さてどうなんでしょう。

昔フィンランドは高福祉で生まれてから亡くなるまですべてが保障されていて、生活の心配はないんでしょとうらやましがられたことがありますが、そんなに保証されているならホームレスはいないと思いますが、実際はいます。
正直言ってフィンランドで迎える自分の老後は不安だったりするのですが、今から考えても仕方ないので考えないようにしてます。

求職して条件を満たせば期限なしで支給される失業手当もありますが、額は少ないです。
例えば一人暮らしで貸家に住んでいたら、その失業手当だけでは家賃も払えるかどうかわからない額です。
その場合は住宅手当や、日本でいう生活保護もありますが、支給される条件は厳しいと聞きます。

そしてよくフィンランドは医療が無料という話を目にするのですが、これは嘘です。
無料ではありません。
各市町村の公立の健康センターの医者に診てもらうのには未成年者の18歳未満は無料のようですが、公立でもすべてが無料ではないようです。
成人だと各市町村によって違うと思うけど、この町内では公立の健康センターの医者の場合1年の間に最初の3回の診察は無料だったと思いますが、それを超えると有料です。
子供は無料とはいえ、なかなかみてもらえなかったりもあります。
息子がまだ小さいころ高熱が出て心配になり健康センターに電話したら、3日熱が続いても下がらなかったらまた電話するよう言われてみてもらえなかったので、それからは3日様子みるようにしました。
フィン在住の外国人の方で、やっぱり子供が高熱出しても診てもらえなくて心配だったので私立の医者に連れて行ったら結局ただの風邪だったけど、診察料1万円ぐらいかかったと言ってたような。
大人でも症状伝えて医者に診てもらう必要があるかどうかまず判断されます。
または先に血液検査などして、その結果で医者の診断が必要ならみてもらえることもあったり。
急がない症状なら予約が取れるのは数週間後になったりもあります。
心配で私立に行くとかなり高額の診察料がかかります。

歯科医は例外で成人はすべて有料だったと思います。
診察料、治療費にレントゲン料金、麻酔をするか?と聞かれてしてもらったら麻酔料金とどんどん追加されていき、虫歯をほって埋めてもらうだけでも4,5千円かかったりしたような記憶が。
以前根っこの治療が必要だけど町内の公立の歯科医では歯が難しい位置にあるので、割引クーポン券を出してくれて、隣町の私立の歯科医に行ったことがあるのですが、結局抜きましょうということになりその割引クーポンつかって1万円ぐらいかかったこともあります。歯を1本抜いただけです💦

他に1年の間に自己負担する医療費の上限があり、それを超えたら無料だったと思います。
ただ対象外もあるようで治療によっては限度額超えてもすべて無料ではないようです。
幸いにも今までのところ、この限度額超えて治療したことはないので、詳しくはわかりませんが、とにかくいえることは医療が無料ではないです。
たぶん未成年者が無料とかが切り取られて、それに尾ひれがついていつの間にやらフィンランドは医療が無料と信じられるようになっていったのではないかという気が、、、

フィンランド ヘルシンキ Helsinki マリメッコ トラム Marimekko

学校は公立の場合義務教育+高校は授業料かからないと思います。うちの息子たちの場合はそうでした。
大学は少し授業料がかかります。
息子は大学入試2年続けて落ちた後、私立の予備校的な学校に通ったのですが、秋~春の授業料30万円ほどでした。
おかげさまで3度目の正直でヘルシンキ大学に入学できました。
でも日本よりは費用かからないと思います。
私服だし、小学校では文房具も支給されたような。小中学校の教科書も支給されました。
小中学と高校の給食は無料でした。
ただ日本の給食を知っているとメニューはいまいち。
ただ平日暖かい料理は学校の給食だけという子供も多いという記事を見かけたこともあるので、文句は言えませんが。

この世論調査に参加したのは各国1000人という記事を見かけたのですが、個人的に思うことは、フィンランド人が幸福に感じるというか、まぁ満足する感じ方が日本人とは違うのではないかという気がします。

例えば食事で思うのは、日本人だとおいしいものを食べたら幸せと思うと思うのですが、こちらに長いこと住んでいるとおいしいものを追求するのではなく、とりあえずお腹が満たされたら満足という人多いような気がします。
平日暖かい料理は学校の給食だけという子供が多いという記事を読んだことはすでに述べましたが、
職場の人の話を聞いたりしてると夜はパンとヨーグルトで済ますとか、一度に大量に作ってそれを食べ続ければ毎日料理する必要がないという人もいてびっくりだったのですが、フィンランド来て初めて通ったフィン語のクラスの先生も、平日は夜パンですませて料理はしないと言ってました。
ふと気が付いたことに確かに義母も大きなお鍋に大量に料理を作ってました。
義父と2人で食べるには余らないのかな?と不思議に思ってましたが、大量に作ってなくなるまで食べ続けていたのかな?と思ったり。
もちろん、毎晩料理するフィン人もいるでしょうけど、料理に対する満足度とか幸福度は日本人と違うように感じています。

フィンランドに来てから物欲というものがなくなってきました。
日本は物が何でもそろっていて、選択技が多いけど、こっちはショッピングセンターどこに行っても、ほとんど同じチェーン店が入っていて代わり映えがしません。
日本のお土産のような習慣も特にないので、ヘルシンキとかラップランドとか国外からの観光客が多く来る場所にはお土産物屋さんがあるものの、日本みたいにどこに行ってもその地方の特産品が売られているなんてことはありません。
そしてフィンランド人は古いものを大切にして、衣類も結構長持ちさせてきているように思います。
そういう物に対する満足度も違うように思います。

そういう感じ方の違いが世論調査の答えに反映されているのじゃないかと思ったりです。

なので、単純に日本から幸福の国フィンランドに移住すれば幸福になれるのか?と思われたらそれはまた違うと思います。

フィンランド ヘルシンキ Helsinki 大聖堂 Tuomiokirkko

長くなってしまったけど、まとめると求めるものがちがって幸福の感じ方が違うのではないかという気がします。
ただこれはあくまでも私の意見であります。
フィンランド人の多くはなぜ自分たちが幸福度ランキング世界一なのか謎に思ってる人もい多いように思います 😁

余談ですが、読んだ中に「フィンランドには肥満の人はめったにいません」と書かれている記事がありましたが、えぇ、、、
そのライターさん、どこからそんな情報を??? 🤔🤔🤔

こちら2019年の統計によると、人口550万人ほどの国で、太り過ぎの人は298万人いるという記事。
54,2%の人が太りすぎという調査結果がでています。

そしてこれは2012年の統計ですが、世界肥満度ランキング、、、
1位はUSAで、10位は同率でルクセンブルグとフィンランドだそうです。
周りを見ても横も縦もでかい人多いです。

さらに余談ですが、その記事には「パソコンのノキアくらいしか目ぼしい企業はない。」と書かれてますが、えぇ、他にもあるでしょ。
林産企業Stora Ensoは日本にもオフィスあるみたいだし、マリメッコとか、Iittala (読み方はイッタラでなくてイーッタラ)、フィンレイソン、フィンエアーもそうだし、アングリー・バードのRovioとか、、、
そしてノキアではパソコンではなくてケイタイ、スマホ、それからタイヤも有名です。

そして「氷点下40度にもなる極寒の地のため」とかかれているのですが、フィンランド北部でも冬にマイナス40度なんてめったにないです。そこまで下がる日がない冬のほうが多いような気がします。

実際に住んでみないとわからないことは多いと思いますが、イメージで書いてしまうと知らない人が読んで信じてしまったら困ると思います。特に医療費が無料を信じてうらやましがられても、無料ではないので困ってしまいます。

[Edit]

FazerのGeisha 板チョコに新製品みっけ!

少し前になりますが、スーパーで目にとまったのがこれ!

フィンランド Fazer Geisha Caramel Sea salt ゲイシャ キャラメル シーソルト

フィンランドのお菓子メーカーFazerのチョコにGeishaというのがありますが、そのGeishaの板チョコバージョンに新製品が登場してました。CaramelSea salt!キャラメルとシーソルト味。
いつ登場したのかはわからないですが、Geishaチョコはかなり甘いけど好きなので、買ってみました。

フィンランド Fazer Geisha Caramel Sea salt ゲイシャ キャラメル シーソルト

さてお味のほうは、、、
うぅん、、、おいしくないというわけでもないけど、元祖のほうがおいしいので、1度試したらそれで充分な感じでした。
新製品がお好きな方はぜひお試しを!

今日ツィートしたコロナニュースを最後につけておきます。





+気温が続いていて、雪がどんどん溶けてきました!
春を感じるようになりました!
まだけっこう雪で覆われていて、外で花が咲いてるのは今のところ見かけませんが、皆さんよい週末を! 🌸🌞

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
1991年5月から北欧フィンランドの田舎に在住。
フィンランドで何が一番好き?と聞かれたらすかさずフィンロック!
日本の音楽サイトBARKSでコラムスタートしました。
http://www.barks.jp/keywords/Finland.html
フィンランドのバンドのニュース、インタビュー、ライブレポなどのブログもやってるのでそちらもよろしく。
http://suomirock.blog78.fc2.com/
そしてそしてAdam Lambertも大好き!

最新記事

アルバム

スポンサードリンク

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR